YouTube

ショート・ショートボブから髪を伸ばしていく場合。

今回のお題は、

「ショートボブ・ショートヘアから

髪を伸ばしていく場合」

についてです。

ショートボブ、ショートヘアとは、いわゆる…

{B2B6E1D1-7447-4390-A11A-42B79C175AEF}

 

 

こういうスタイルですね。

ここからロングヘアにしていくのは、相当年数が掛かります。
肩を超えて鎖骨ぐらいの長さになるのに、2年~3年ぐらいでしょうか。
このスタイルから伸ばしていく途中で出てくる、お悩みの代表例が
 
・えりあしのもたつきが気になる
 
・ウルフヘアより、重めヘアにしていきたい。

・耳周りのボリュームが気になる
などですね。
なのでまずは、そのまま伸ばしっぱなしにするのではなく、一旦ボブヘアにしていくことをオススメします。
{D47212E1-2935-4D0C-8995-EB635CDB043C}

 

 

(こんな感じのヘアスタイル)

ボブにすると、伸びても形が崩れにくく、伸ばしやすくなります。
タイミング的には2ヵ月に一度、後ろの段差を縮めていくといいかもしれません。
どういうことか説明すると、ショートの場合のバックのシルエットはこんな感じ。
{76067F8A-8312-46C9-A0D0-97A5525A8CB5}

この状態からボブを目指す場合は、表面の毛にはあまり手を加えず、一番下の毛(アウトライン)だけを整えていくと、ボブになります。

後頭部部分と、襟足の段差を徐々に狭めていくイメージです。
ボブ→ミディアム→ロング
3ステップを踏みながら伸ばしていくいくことで
綺麗に伸ばしていけますよ!
ご参考下さい。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!