最新の投稿

スキバサミなしでヘアデザインは出来るのか?髪を「すかない」技術の話

最近のアクセス急上昇記事。

髪をすく・すかないについて論じてみた。

2017.05.25

 

前髪記事の次に見られていて、ビックリ。

 

うちのカット技術は、ちょっと独特です。

「COCドライカット」と名付けられたカット技法。

僕もまだまだ修行中です。

 

普通(?)の切り方と何が違うのか?

気になりますよね。

(気にならない?笑)

 

ザックリ、

本当にザックリ言うと

「髪のことをあれこれと考え、すかないでカットしていく切り方」です。

 

 

なんて言ったら分かりやすいか、しっくりくる説明か、色々考えたんですが、もうこの言い方しか思い浮かびません。笑

 

「セニングを使わない」

「骨格にフィットさせる」

など、色々な特徴や効果があるんです。

 

まぁ施術中に、そうお客様に伝えても

「???」

だと思うんですが。笑

 

「実はこのカット技法は、すいたり削いだりしないんです」

って言われても、いまいちピンとこないのかな…

どうなんでしょう?笑

 

そもそも髪は「すかない」ほうがいいの?

 

僕の個人的な意見ですが、ダメではないですが「すかないほうがいい」です。

 

なんでかというと、髪質によっては広がってしまったりするからです。

特に柔らかくて、フワフワしたクセ毛の方は、すくことに向いていない気がします。

 

すかないで、どうやって切るのか?

大まかなフォルム(形)を濡れた状態で切った後、乾かします。

ドライ後、毛先を積み重ねていくようにカットしていきます。

 

積み重ねるように切るには、毛先が真っ直ぐな状態じゃないとダメなので、クセ毛の方もパーマがかかっている方も、ストレートにブローしてから切っていきます。

 

クセを生かすんだったら、自然に乾かした状態(クセが出ている状態で)で切るのがいいんじゃないの?」

 

と、思われるかもしれません。

 

僕もそう思っていたんですがね…。

 

でも、真っ直ぐにした状態で切っていきます。

 

なんか上手く説明できないので書きませんが、そうやって切ったほうがクセもパーマも、ものすごくイイ感じになります。

 

 

髪に悩んでいる人にとって、どんな価値のある技術?

これはもう超・個人的な見解なんですが、

「髪に対して余計なことをしない」

っていうのも、とっても大事な技術だと考えています。

 

綺麗な髪を作っていくのに「引き算の技術」というのも、大事な要素です。

 

僕のドライカットは、正にその言葉通りです。笑

そこが自身のカットのイイところだと思います。

(他のトラヴィスメンバーは色々な考え方があると思いますが)

 

それが結果的に「美しい」髪を作っていくと、僕は考えています。

 

プラス、プラスの工程で、フォルムやボリュームが崩れていってしまうこともありますから。

 

まぁ、あまり語りすぎると胡散臭く思われそうなので、多くは語りませんが笑

 

髪にお悩みの方は、ぜひ一度ご来店ください^^

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!