最新の投稿

YouTube/最新動画

文学青年になりたい。

このエントリーのタイトルを考えている時に、

「いや、もう自分は青年ではなく中年なのでは?(今年31歳)」

という疑問が湧いたので調べてみたところ、青年ではなく

「壮年」

という言い方が正しいそうです。

 

改めまして、文学壮年になりたい松下です。

こんにちは。

 

さて、最近の僕は「小説」に目覚めました。

 

そうです。

 

ついにビジネス書・自己啓発本と、お別れする時がきたのです。

(役職に関わる本は見ないわけにはいかないので、読みますが)

 

なんで急にビジネス書を断つのかというと、

「読んでも変わらないから」

です。

 

今まで、たくさんの自己啓発・ビジネス書を読んできました。

 

自分を鼓舞してくれるようなタイトルを手に取っては、熟読。

不安を解消してくれるようなタイトルを手にとっては、熟読。

 

自己啓発に、依存してばかりの人生でした。

それらの本の読了後は、とても満足します。

 

「よし!明日から頑張ろう!」

という気持ちにさせてくれるものです。

 

しかし…

 

果たして、自分の人生にプラスになったのかどうか?

と、冷静に振り返ってみたんです。

 

結論は、ないということが判明しました。

 

「あの本を読んだおかげで人生が変わった!」

という自己啓発本は、なかったように思えます。

 

こんなことに貴重な時間を費やしてはいけないと、気付きました。

 

ただ、今までビジネス書に溺れてきた自分には

「他になんの本を読んだらいいのか?」

なんて、全く分かりません。

 

昔からお付き合いのあるお客様に相談させていただいたところ、

「自分とは関係のない本を読んだ方がいい」

と、言われました。

 

ですので、

自分とは関係ない=小説

かなぁ、と思い小説に決定。

 

 

こうして、文学壮年(願望)が誕生しました。

 

そして決意の朝を迎えた僕は、いつもお世話になっているAmazonで一冊の本を購入しました。

 

その本が…

 

 

「スラスラ読める、徒然草」

ええ。

 

もっと「スラスラ読める」かと思ってましたが、学生時代の国語の成績「2」だった僕には、ちょっと難しかったようです。

というか、なんでこれを選んだんだろう。

関係ないところを攻めすぎた感があります。

古典のハードルは、思ったより高かった…。

 

地道に文学壮年を目指します。

 

ではでは。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!