YouTube

レイヤー(段)を入れると、まとまらなくなる?!

こんにちは。

松下です。

 

 

わたくし最近、ものすごい武器を手に入れてしまいました…!

 

これさえあれば、ブログの執筆スピードが格段に上がるのでないであろうかというアイテム。

 

今までの2倍、いや10倍は上がるのではなかろうか。。。

 

使いこなすのに、少々時間が掛かりそうですがね。

少しずつ慣れていこうっと。

 

 

 

(決して怪しいものではない)

 

レイヤー(段)を入れたら、まとまらなくなった??

 

さて最近、、、

「レイヤー まとまらない」で検索した結果、

僕のブログに辿りつかれた方が多い事実が発覚しました。笑

(過去にそんな記事書いたかな…??)

 

と、いうことで今回のテーマは

「レイヤー(段)」に関して、

僕の見解を少し書いてみようと思います。

 

サロンワーク中でも、よく聞きますしね。

 

ヒマつぶし程度に、見てみてください。

 

そもそもレイヤーとは?

 

ざっくり言うと、

髪の上側を、下側より短く切ること。

(本当にざっくり言うと、ですよ笑)

 

そうすることで髪の毛に動き、軽さを出すことができます。

 

フォルム操作も、このレイヤーという技術を使います。

 

ひし形にしたり、ウルフヘアにしたり…。

 

レイヤーに関する記事は、こちらでも書いているので、ご参照ください。

段(レイヤー)を入れると広がるのか?松下的にちょっと語ってみる。

2017.04.26

ちょっと待てちょっと待て美容師さーん!(髪型の)「軽い、重い」って、なんですのん?

2017.04.13

 

で、実際のところ、レイヤーを入れたら、まとまりが悪くなるのか?

 

う~ん。。。

 

たしかに場合によっては、そう感じることもあるかもしれません。

 

というか正直に、

本っっ当に正直に言うと

「個人(美容師)の技術力によって左右される」

と、僕は考えています。

 

ええ。

つまり、上手に切ればレイヤー(段)を入れようが、なにをしようが、しっかりとまとまるんですよね…

 

 

やっぱり、髪質・骨格などの素材をしっかりと見て、

その人に合わせたレイヤーを入れることが出来れば、

全く問題ないと思います。

 

レイヤーを入れたら

【広がった】【まとまらなくなった】

そんな過去がある。

だからもう入れたくない!

 

もちろん、それも全然いいと思います。

段を入れない重めのデザインも人気ですしね。

 

ですがレイヤーカットは、あなたの魅力を引き立たせるのに欠かせない技術です。

 

髪型のマンネリが続いたり、

果たして今の髪型が一番ベストなのか?

など、

ヘアデザインに悩み始めたら

いちど信頼できる美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(it´s me!!)

 

ただ、初めて担当させていただく場合、

切ってみないと分からない部分もありますがね。

 

僕も、まだまだ勉強中です。。。

 

経験値が増えればある程度、予想を立てることもできるんですが、やはり骨格や髪質というのは、皆さん違うので難しい。

 

 

ちなみに経験上、こんな感じのレイヤーの入れ方は失敗しやすい。

 

モヒカンラインに 直線的にガイドを設定して…

 

 

 

 

 

 

 

放射状に切り進めていくパターン。

なんか失敗するんですよね。笑

 

 

長年通って頂いて、

骨格も髪質も完璧に把握している場合でしたら全然問題ないんですが、

そうでない場合は、割と失敗しやすいです。

 

めちゃくちゃ骨格になじみづらい。

 

結果的に髪をセットしても、まとまらないし、なんか決まりません。。。

(自分の髪でも経験済み)

 

 

じゃあお前はどうやってレイヤーを入れるんだよ!と思われますよね。

 

アラサ―美容師マツシタ(30歳)の場合

僕は基本的に、レイヤースタイルは

下から切っていきます。

(かっこよく言うとアンダーセクションから)

 

①まず一番下のアウトラインと呼ばれる部分を作ります。

 

 

②次に、中間(業界用語的にミドル)に、ほどよくレイヤーを入れます。

③そして最後に顔周りを起点に、トップ部分にをカット。

 

うん、もう何を言っているのかサッパリ分からないですよね。笑

まるで呪文。

いいんです、なんとなく感じてください。笑

 

(ちなみに下から切るメリットは、

「段を必要以上に入れすぎることがない」

という点)

 

で、実際に乾かしてみると、

ちょっと重たいな~とか、

もう少し段を入れた方が可愛いかも~

など 、お客様の骨格や髪質によって、色々と感じます。

 

それを見て、ドライカットでレイヤーをプラスしていくというイメージです。

 

一番いいのはワンレングスの状態から、オールドライでレイヤーを入れていくのがいいんでしょうが…

 

恐ろしいほど時間がかかってしまいます。笑

 

僕はいいんですがお客様が疲れてしまいますね。笑

 

結論

「段(レイヤー)は入れ方次第で、まとまりが悪くなることもある。

が、

その人の骨格、髪質に合わせたレイヤーの入れ方をすれば、全く問題ない」

です。

 

前回のカットから月日が経ちすぎているのも【まとまらない】原因の一つ。

 

ちなみに余談ですが、

前回のカットからあまりにも時間が経ちすぎていると、まとまらなくなりますよ。

 

だいたいカットの目安はどれぐらいかというと、

 

  • ショートヘアの場合1ヶ月から1ヶ月半
  • ミディアムヘアの場合1ヶ月半から2ヶ月
  • ロングヘアの場合2ヶ月から2ヶ月半

 

大体、どの長さでも3ヶ月経つと、まとまらなくなります。

 

ショートヘアですと形が崩れやすなり、

ロングヘアは毛先が不揃いになり、まとまりが悪くなります。

 

伸ばしている場合でも、定期的に整えたほうがいいですよ。

と、いうわけで皆さん来てください。笑

 

まとめ

以上、レイヤーについて、つらつらと書いてみました。

ヘアスタイルを構築するのに欠かせない技術「レイヤーカット」

恐ろしく難しく、恐ろしく奥が深い技術です。

日々、研鑽を重ねて、お客様に素敵なヘアスタイルを提供できるように頑張ります。

 

 

 

 

ではでは。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!