薄毛・パサつき・ハリコシ対策なら、このシャンプー

髪が痛む原因は、美容室でのカット?

どうも。

「すかないカット」でおなじみの美容師、

松下由樹です。

<すかないカットに関してはこちら

 

最近、松下ブログを見てご来店くださる方が多く、嬉しいですね。

ありがとうございます。

 

 

皆さん、それぞれ髪に対して悩みだとか

不満を抱えておられる様子。

 

とくに多くの方が抱えてる悩みが…

 

 

 

 

 

 

 

「髪に対して色々と気を遣っているのに、なかなか綺麗になっていかない」

 

 

ということですね。

 

 

「シャンプーは髪に優しいオーガニック系のものを使っているし、

毎日寝る前には天然由来成分たっぷりのオイルもたくさん付けてるのに…」

 

 

なのに…

 

 

 

なんで…!!

 

 

 

 

 

まず先に言っておきますが、

オーガニック系シャンプーが100%いいとも思いませんし、

日々のヘアケアにオイルベタづけも賛成しません。

(オイルはスタイリングの目的で使うのは僕もやりますが)

 

 

まぁですが、その話は置いといて。

 

 

日々のアイテム、

普段美容室で行っているトリートメントを変えるだけで、

髪の状態はめっちゃ変わります。

 

ただ、それ以上に自分ではどうしようもできないもの。

 

なんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容室でのカットです。

ええ。

 

 

髪の痛む原因はカット?

 

カットが原因で傷むとは、なにか?

 

僕の見解ですと

「髪の梳(す)きすぎ」

ですね。

 

髪を梳きすぎることにより、

毛先同士が絡(から)まりやすくなるんですよね。

 

ちょっと図で説明してみましょう。

まずはこちらをご覧ください。

 

ハンパなく絵心のない僕ですが、

この上の絵が

「髪を梳(す)いていない状態の髪」

だとイメージしてください。

 

 

で、髪を梳くとこうなります。

短い毛、長い毛が出来ますよね?

 

そうすると、

シャンプーなどの日常生活で…

 

 

 

こうなります。

 

毛先が絡まると、みなさんどうしますか?

 

クシでとかしますよね?

 

「まぁダマのままでもいいや」

 

って女性はいないと思います。笑

 

でも、絡まりってなかなかとかせないですよね?

なのでついつい、ガリガリやっちゃいますよね?

 

髪の毛って物理的なダメージに敏感なので、

どんどん弱っていってしまいます。

 

気が付けばキューティクルが剥離し、

ツヤもなくなりボロボロ…。

 

 

ただ、髪を「すく」ことがだと言っているわけではありません。

僕もサロンワークでスキバサミは使いますし。

 

お客様が目指すもの、なりたいものに必要であるならば使いますよ。

 

ただトラヴィスにご来店のお客様のほとんどが

「髪を綺麗にしていきたい!」

とお考えなので、基本的に使いません。

 

ケースバイケースですね。

 

目的・理想に合わせた技術を。

 

「髪に気を遣っているけど、なかなか綺麗にならない」

「そもそも私の髪は何が原因で痛んでるの?」

 

そんな方に、ちょっとでも参考になればと思い記事を書かせていただきました。

 

もちろん、これは原因の1つに過ぎません。

 

「髪を綺麗にしていく」

「お客様の素材(髪質)を壊さない」

ことに特化したオリジナル技法、

COCドライカット。

皆様の美髪づくりの手助けになれば幸いです。

 

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

錦糸町で、待ってるぜっ☆

 

ではでは。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!