最新の投稿

YouTube/最新動画

春だしイメチェンしたい!でも似合うか不安…。そんな【似合う・似合わない問題】

こんにちは。

松下です。

 

そういえばサロンワーク中、お客様から、こんな悩みを聞くことがあります。

 

お客様
バッサリ切りたいんですが、似合うか不安で…

 

 

気分転換にイメチェンしたい!

 

環境、または心境が変わることで、そういう気持ちになることもありますよね。

 

これからの時期(3月や4月)は、特にバッサリとカットしたくなるお客様が多い気がします。

 

でも皆さん、ここで一つ不安が…

 

 

 

 

 

 

 

「似合わなかったら、どうしよう…」

 

 

せっかく新しい髪型に変わっても、

似合わなかったら

「あ…切るんじゃなかった…」

と、後悔してしまいますよね。

 

もちろん僕ら美容師が、そう思わせてしまわないように全力で頑張るんですが(汗)

 

そもそも「似合う・似合わない問題」は、なぜ起こるのか?

 

大きなポイントは、2つあります。

 

その①レングス設定における「似合わない」

 

レングスっていうのは「長さ」のことですね。

(だったら最初から「長さ」って言えよって話ですが、あえて美容師っぽく言ってみました)

 

新しい髪型にする場合、

この「長さ設定」が、とても重要です。

 

例を挙げて、ちょっと見てみましょう。

 

ご来店くださった…

 

 

 

 

マツシタ・ユウコさん。

ユウコさんは面長が気になるそうです。

 

 

「面長が気になるわぁ~」

(ふざけていません。全力で真面目です)

 

 

あ、ちなみに余談ですが、

本当はマツシタさんではなくカズコ・マシヤマさんにご来店いただく予定でした。

 

が、せっせと画像を作っているときに、スタッフの西村さんに

「増山さんが可哀想です」

と言われてしまい、ちょっとショックだったので、急遽マツシタさんにご来店いただきました。

 

 

 

 

 

(今日は出番なしのマシヤマ・カズコさん)

 

 

話が逸れましたが、ユウコさんの現在の髪型は、肩より下のセミロングスタイル。

 

なんと今回は、バッサリと

「ボブ」

にチャレンジして、イメチェンしてみたいそうです。

 

 

で、ここで重要なのが

「どのぐらいの長さのボブがいいのか?」

を、考えなくてはいけません。

 

面長が気になる、という方の場合、

長さ設定ひとつで「より、お顔が長く見えてしまう」ことがあります。

なので少しずつ切りながら様子を見ていきます。

 

図に書くと、こんな感じ。

 

①…ちょっとお顔が長く見えちゃうかも??ゾーン

②…これぐらいがベストかな??ゾーン

 

いい感じの長さ設定にすることで「似合わない問題」を解消します。

分かりやすく面長さんで例を挙げましたが、丸顔さんでもこういった例はあります。

 

その②フォルムにおける「似合わない」

さて、長さ設定が終わりました。

 

これで完璧だ!

 

いえいえ、これだけではまだ未完成。

次は「フォルム」を作っていかなければいけません。

 

フォルムというのは、分かりやすく言うと

「カタチ」

のことですね。

(だったら最初から「カタチ」って言えよ、って話ですが美容師っぽく言ってみました)

 

先ほど、ユウコさんは

「面長が気になる」

と、おっしゃっていました。

 

そんなユウコさんに、

「前髪なし、段も入っていないワンレンボブ」

を、提案してみたところ…

 

 

 

 

 

ユウコさんは笑顔ですがきっと、

「なんだろ…

なんかちょっと…微妙…?」

 

と、思うはずです。

 

これはなんでかというと、

・横にボリュームがない

・前髪がない

ことが「似合っていない」原因となります。

 

もし、上記の条件(前髪は作りたくない、段は入れたくない)があり、

「このデザインにしたい!」

と言われているのであれば、もっと長さを切るなりして調整しなければいけません。

 

このように

「カタチでも似合わせる」

ということが重要ですね。

 

最終的に、喜んでいただけました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

これから「春のイメチェンシーズン到来」に先駆け、当エントリーを書いてみました。

 

ザックリとまとまると、

「似合わないのは、顔の形やパーツに対して合っていないから」

ということですね。

 

最近では、気になるところ(骨格など)をカバーするより、それすらも魅力的に見せよう!という風潮が強いように感じます。

美容師業界的には。

 

自分的には、お客様に喜んでいただけるならカバーもしますし、コンプレックスさえも魅力的に見せるお手伝いもします。

 

とにかく、お客様に「こんなはずじゃなかった!」と思わせてしまわないために全力で頑張ります…!

 

やっぱり、「切ってよかった!」と、思っていただきたいですからね。

 

ただ、いつだってバッサリは緊張します。笑

 

さいごに

美容師としての「上手さ」とか「経験」って、こういうところに表れると思います。

 

一ミリの狂いもなく、真っ直ぐなワンレングスを切るのが正解なのか?

骨格に合わせ、その日の気分にも合わせたデザインを提案するのが正解なのか?

いやいや、お客様がセットしやすいデザインにするのが一番なのか?

 

非常に迷うところです。

 

まぁ極端に言えば全部だろ、という話なんですが…。

正直、そこまで完成された美容師になるのはあと30年は必要かもしれません。笑

 

限られた時間の中で優先すべきことは決まっているので、今はとにかくそこに到達しようと試行錯誤しています。

あ、なんだか話が脱線してしまいました。

 

とにかく今回のエントリーで、何が言いたいのかというと…

 

 

 

 

 

「バッサリは松下にお任せ!」

ってことですかね。

 

ええ。

 

ご来店、お待ちしております✄

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!