前髪が思ったように流れない場合。流す方向を変えてみよう。

スポンサードリンク


前髪がうまく、<流せない・流れない>方へのエントリー

 

こんにちは。

hair salon Travisの松下です。

前髪で悩む女性に向けて、前髪の記事をひたすら書きまくっている美容師です。

関連記事はコチラ


前髪を巻くのは、ストレートアイロン派?それともコテ派?

2017.05.10

前髪を増やすってどういうこと?解説してみる。

2017.03.22

 

ちなみに、好きな食べ物はパスタです。

 

まぁ、それはどうでもいいですね。

 

 

さて、お客様とお話ししていると

お悩みの一つに…

 

 

 

 

 

 


「前髪が思っているように、うまく流せない・・・。

だから諦めて、もう伸ばそうかと思って」

 

 

と、いう声を聞きます。

 

 

女性にとって、命の前髪。

 

 

前髪が決まらないと、その日一日が憂鬱ですよね。

 

 

 

 

で、お客様に詳しく伺うと、皆さんアイロンを使ったり、マジックカーラーで巻いたりなど、色々されているみたいですね。

 

 

それでも、なんだか上手くいかない…

 

 

「たまに調子がよくて、今日は上手くいった!っていう日はあるんだけど笑。」

 

 

なんて声も聞きます。

 

 

 

さて、そんな前髪。

 

いっそ、逆の方向に流してみるのはどうですか?

 

案外キレイに流れるのでは…?

 

 

 

 

 

 

 

<松下的考察>

実は前髪を上手く流すには、いくつか大事な要素があるのですが、

その中でも大事な

・毛流

というポイントについて説明したいと思います。

 

 

ん?毛流ってなんぞや?

 

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

人には毛流、つまり読んで字の如く「毛の流れ」が存在します。

 

 

「毛の流れている向き」とでも言いますか…。

 

 

前髪に関しては、この向きが意外と重要になってきます。

 

 

今、髪を留めるダッカールはお持ちですか?

 

 

そのダッカールで、前髪の生え際から1~2㎝部分を留めてみてください。

 

 

まぁ、こんな感じですよね。

 

 

自然にクシなどで、とかしてみてください。

 

あ、寝癖がついていたらダメですよ。笑

 

その場合は、根本付近を少し濡らして「引っ張らずに自然に」乾かしてみてください。

なんとな~く、毛の流れている方向が分かるのではないでしょうか。

 

・右方向に向かって流れている
・左方向に向かって流れている
・比較的、まっすぐ落ちている
・どこかでパックリ分かれている

などなど…。

 

 

人によって、毛流は全く違ってきます。

 

 

つまり、前髪を流すには「毛流」を考慮すると上手くいくよ、ということです。

 

(この場合は、左方向に流れやすい)

 

 

右側に流れやすそうな場合は、右側に流す。

左側に流れやすそうな場合は、左側に流す。

 

 

「どうしてもこっちに流したい!」という場合は、

カットベースを直すのが良いと思います。

(もしくは…パーマ?)

 

 

その話は、また後日。

 

 

つまり、結論は…

 

 

毛流を見る→流れやすそうな方向を確認→そっちに向かって流すようにセット

と、いう感じですかね。

 

これなら、上手く流すことが出来るかもしれませんよ。

 

さらに、今まで「うまく前髪が流れないから」という理由で前髪を作ることを諦めていた方にも、ちょっと希望が見えてきたのでは?

 

 

 

 

 

カット後。
こんな感じで自然に流れます。

 

 

 

 

結構、この話をお客様にすると、

 

「あ!その手があったか!」

 

と、喜んでくれます。
まぁ、毛流がイマイチ自分じゃ分からない方は僕に聞いて下さいね。

 

 

「いつもと逆の方向で流すほうが、流れやすかった!」


という発見が出来たなら、ついでに分け目も変えて下さい。

 

 

バランスが良く見えます。

 

 

 

それでは、素敵な前髪ライフを。

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    松下 由樹

    hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」