前髪が分かれやすい方は必見‼やっかいな「分かれグセ」を自分で直す方法

スポンサードリンク


こんにちは。

松下です。

女性の皆様、前髪はキマっていますか?

このブログでは、多くの前髪に関するエントリーを執筆しています。

気付けば、かなり多くのコンテンツを生み出していました。

ははは。

さて、そんな「前髪コンテンツ書きまくり美容師の松下」が今日お伝えする内容は…

前髪が分かれやすい方は必見‼やっかいな「分かれグセ」を自分で直す方法

実は、このエントリーを執筆するか悩んだんですよ。

というのも「分かれグセ」が付きやすいお客様は、ご自身で独自の解決方法をお持ちですからね。

「書いても、そんなの知ってるよ!なんて方のほうが多いのではなかろうか…」

と思っていたので、執筆を躊躇っていました。笑

ですが、やはり中には「うまくいかない!知らない!」という方もいらっしゃるんですよね。

そんな方に向けて、松下が全力で書かせていただきました。

知っている方は、読み飛ばしてください。

知らなかった方は是非、ご一読を。

少しでも参考になれば嬉しいです。

では、説明していきたいと思います。

これさえ読めば、あなたも前髪美人。

そもそも、なぜ分かれてしまうのか?

分かれてしまう一番の原因は「毛流」です。

毛の生えている方向が、分かれるように生えているのです。

この毛流は、パーマ、もしくは縮毛矯正でなんとかしたりする、というのは無理です。

(たまに聞かれますが)

この毛流を変えることは無理ですが、操ることは可能です。

「分かれグセ」を直すために必要なアイテム

さて、分かれグセを直す前に、必要なアイテムを揃えましょう。

「分かれグセを直したい気持ち」とか、そんなつまらないことは言いません。

用意するものは、最低限2つ。

「髪を濡らすもの」「ドライヤー」です。

髪を濡らすもの、というとザックリ言いすぎですが、スプレイヤーでもいいですし、自宅にある寝グセ直しのようなものでも構いません。

スプレイヤーは、百円均一に売っているもので十分です。

髪が濡れている状態でないと、何をやってもクセは直りません。

髪が短い方は、お風呂で髪全体を濡らしてからのスタートでもいいかもしれません。

ドライヤーは…ありますよね…?

もし「ない」という方は買いましょう。

そういえば、お客様に「オススメのドライヤーってありますか?」と、たまに聞かれます。

今は高級ドライヤーが人気ですね。

ヘアビューザー、ダイソン、などなど…。

(ちなみに、僕は自宅でヘアビューザーを所有)

高級ドライヤーは高いので「予算的にもう少し抑えたい…」という方には、「ノビー」というドライヤーがオススメです。

軽いし、壊れにくいし、早く乾きます。

ドライヤー界のロングセラー商品です。

用意できたら、さっそく実践

本当は、更にこの2つと「ストレートアイロン」もしくは「コテ」があると、前髪美人度が上がるのですが、無くてもいいです。

分かれグセは直るので。

ではでは、実際にお見せします。

今回、協力してくれるのは松下愛用ウィッグ「Y・M」さんです。

(寝ぐせつき)

「人形かよ!」

というツッコミの声が聞こえてきそうですが、気にしません。

本来であれば、女性スタッフに協力してもらいたいのですが…

 

 

原田は日曜発表会の準備が忙しいらしく、頼みづらいので断念。

まぁ、そもそも彼女は前髪が…

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと短すぎるので、どっちみちダメですね。

(ちなみに西村は休み)

なので、今回は「Y・M]さんでご容赦ください。

 

まずは髪を濡らしていきます

まずは分かれグセの部分を濡らしていきます。

ここでのポイントは「根元部分を、しっかり濡らす」ということです。

いいでしょうか。

根元です。とにかく根元。

根元を濡らしたら、指で地肌を優しく撫でます。

そうすることで、分かれグセが直しやすくなります。

ドライヤーを持ち、構えましょう

濡れた髪を乾かしていきます。

濡らしが甘いと、分かれグセが直らないので注意。

ドライヤーの熱を、根本に当てていきます。

あまり近い位置から当てると熱いです。

※重要ポイント※

さて、ここから重要ポイントに突入します。

この乾かし方で、すべてが決まります。

分かれグセを直すドライテクニックは2つあります。

①「引っぱる」

②「色々な方向に乾かす」

の2つです。

分かれグセの「奥行き」というか「深さ」で変わってきます。

<ケース①>分かれグセが、生え際の部分のみである。

このタイプの分かれグセは、割と簡単に直ります。

分かれグセの部分をガバッとつかみ、引っ張って乾かしましょう。

ちなみに美容師用語で、髪を引っ張ることを「テンションをかける」と言います。

テンション、かけていきましょう。

 

 

※抜けるほど引っ張らないように注意してください。

そのまま、上から熱を当てていきましょう。

これで簡単に直ります。

<ケース②>分かれグセの深さが、しっかり深い

このタイプの方は「色々な方向に乾かす」というテクニックが効果的です。

色々な方向に乾かす、と聞いても「???」と思われるかもしれません。

説明していきましょう。

まずはコチラをご覧ください。

ビフォアの状態。

分かれグセが深く付いている場合。

色々な方向に乾かす、と聞くと360°及び東西南北、変幻自在に乾かすと思われるかもしれませんが、そういうことではありません。

 

「分かれグセをまたいで左右に乾かす」ということですね。

 

つまり…

 

分け目をまたいで、こちらに乾かしたら…

 

 

次はコチラに乾かし…

 

 

 

また、こちらに乾かす。

 

これを繰り返す、ということですね。

 

自分でやると、こんな感じですね。

「おでこ広くなってきてない?」

っていうツッコミはやめてください。

まだ大丈夫なはずです。

多分。

 

 

この乾かし方でも、指の間で髪を掴み「テンションをかける」ようにして乾かして下さい。

ちなみに、ブラシを使って地肌をこすりながら乾かすのもありです。

ブラシを使う場合は、地肌に当たっても痛くないものを選びましょう。

こんな、スケルトンブラシでもいいかもしれませんね。

これを使って…

 

 

こんな感じで、地肌をこするように左右に乾かしていきます。

ガリガリとはやらずに、優しくですよ。

 

ちなみに、松下がサロンワークで愛用しているのがコチラ。

 

「パドルブラシ」

お客様は、僕がこれを使っているところをよく見ますよね。笑

僕の美容師人生において、「ビックコーム」と「パドルブラシ」は無いと発狂するレベルです。

仕事になりません。

ええ。

まぁさすがにパドルブラシはロフトでも売ってないでしょうね…

皆さんは、これじゃなくても大丈夫です。笑

 

そうすると、こんな仕上がりになります。

「パッカーン」な分かれグセが、解消されたんじゃないでしょうか。

自然な美しい仕上がり。

 

更に、前髪美人度を上げるテクニック

これだけでも十分いいのですが、更に「前髪美人度」を上げる方法としてアイロン、もしくはストレートアイロンを使いましょう。

クオリティがグッと上がります。

詳しいやり方は、こちらのエントリーで書いているので見てみてください。

前髪を巻くのは、ストレートアイロン派?それともコテ派?

2017.05.10

まとめ

いかがでしたか?

最初にも書きましたが、分かれグセでお悩みの方は自分の解決方法を持っていたりするんですよね。

自分独自のテクニックで解消される場合は、自分流を貫きましょう。

「このやり方、知らなかった!」という方は、ぜひ一度トライしてみてください。

くれぐれも、ドライヤーの熱でヤケドしたりしないように注意して下さいね。

自分の髪を上手く乾かして、上手にスタイリングするのは、なかなか難しいかもしれません。

ですが慣れてくると、必ずいい感じにセットできるようになります。

皆さんの素敵ヘアライフを応援しています。

それでは。

 

<合わせて読みたい前髪エントリー>

これで前髪美人!便利すぎるアイテム「くるんっと前髪カーラー」のご紹介

2017.04.06

前髪が思ったように流れない場合。流す方向を変えてみよう。

2017.03.22

前髪を増やすってどういうこと?解説してみる。

2017.03.22

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」