あなたとシャンプーのマッチングサイト♪

ピッタリのシャンプ―が、きっと見つかる♪

↓↓↓

お悩み解決記事 前髪

前髪が分かれやすい方は必見‼やっかいな「分かれグセ」を自分で直す方法

更新日:

どうも、松下です。

 

 

最近、多くの前髪に関するエントリーを執筆しています。

気付けば、かなり多くのコンテンツを生み出していました。

ははは。

 

[kanren postid="1630"]

[kanren postid="1165"]

[kanren postid="1110"]

 

さて、そんな「前髪コンテンツ書きまくりマツシタ」が今日お伝えする内容は…

 

 

前髪が分かれやすい方は必見‼やっかいな「分かれグセ」を自分で直す方法

 

 

悩める方に向けて全力で書かせていただきました。

 

知っている場合は、読み飛ばしてください。

知らなかったら、ご一読を。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

では、説明していきたいと思います。

 

これさえ読めば、みんな前髪美人。

(多分)




 

そもそも、なぜ分かれてしまうのか?

分かれてしまう一番の原因は「毛流」です。

毛の生えている方向が、分かれるように生えているのです。

 

この毛流はパーマ、もしくは縮毛矯正でなんとかしたりする、というのは無理です。

(たまに聞かれますが)

 

この毛流を変えることは無理ですが、操ることは可能です。

 

「分かれグセ」を直すために必要なアイテム

さて、分かれグセを直す前に、必要なアイテムを揃えましょう。

 

用意するものは、最低限2つ。

 

「髪を濡らすもの」「ドライヤー」です。

 

髪を濡らすもの、というとザックリ言いすぎですが、スプレイヤーでもいいですし、自宅にある寝グセ直しのようなものでも構いません。

 

スプレイヤーは、百円均一に売っているもので十分です。

 

髪が濡れている状態でないと、何をやってもクセは直りません。

 

髪が短い方は、お風呂で髪全体を濡らしてからのスタートでもいいかもしれません。

 

 

そういえば、お客様に「オススメのドライヤーってありますか?」と、たまに聞かれます。

 

今は高級ドライヤーが人気ですね。

ヘアビューザー、ダイソン、などなど…。

(ちなみに、僕は自宅でヘアビューザーを所有)

 

高級ドライヤーは高いので「予算的にもう少し抑えたい…」という方には、「ノビー」というドライヤーがオススメです。

軽いし、壊れにくいし、早く乾きます。

ドライヤー界のロングセラー商品です。

 

 

用意できたら、さっそく実践

 

ではでは、実際にお見せします。

 

今回、協力してくれるのは松下愛用ウィッグ「Y・M」さんです。

 

 

ででん!

(寝ぐせつき)

 

 

「人形かよ!」

 

というツッコミの声が聞こえてきそうですが、気にしません。

本来であれば、女性スタッフに協力してもらいたいのですが…

 

 

原田は日曜発表会の準備が忙しいらしく、頼みづらいので断念。

 

まぁ、そもそも彼女は前髪が…

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと短すぎるので、どっちみちダメですね。

(ちなみに西村は休み)

 

なので、今回は「Y・M]さんでご容赦ください。

 

まずは髪を濡らしていきます

まずは分かれグセの部分を濡らしていきます。

ここでのポイントは「根元部分を、しっかり濡らす」ということです。

 

いいでしょうか。

 

根元です。

と・に・か・く・根元!!

 

 

根元を濡らしたら、指で地肌を優しく撫でます。

そうすることで、分かれグセが直しやすくなります。

 

ドライヤーを持ち、構えましょう

濡れた髪を乾かしていきます。

濡らしが甘いと、分かれグセが直らないので注意。

 

ドライヤーの熱を、根本に当てていきます。

あまり近い位置から当てると熱いです。(当たり前)

 

※重要ポイント※

さて、ここから重要ポイントに突入します。

この乾かし方で、すべてが決まります。

 

分かれグセを直すドライテクニックは2つあります。

①「引っぱる」

②「色々な方向に乾かす」

の2つです。

 

分かれグセの「奥行き(深さ)」で変わってきます。

 

ん?

どういうこと?

 

下の画像をご覧ください。

 

<ケース①>分かれグセが、生え際の部分のみである。

このタイプの分かれグセは、割と簡単に直ります。

 

分かれグセの部分をガバッとつかみ「引っ張って」乾かしましょう。

 

ちなみに美容師用語で、髪を引っ張ることを「テンションをかける」と言います。

 

テンション、かけていきましょう。

 

 

※あまり強く引っ張ると痛いですよ。

 

そのまま、上から熱を当てていきましょう。

これで簡単に直ります。

 

 

<ケース②>分かれグセの深さが、しっかり深い

このタイプの方は「色々な方向に乾かす」というテクニックが効果的です。

 

色々な方向に乾かす、と聞いても「???」と思われるかもしれません。

 

説明していきましょう。

 

まずはコチラをご覧ください。

 

ビフォアの状態。

 

分かれグセが深く付いていますね。

 

色々な方向に乾かす、と聞くと360°及び東西南北、変幻自在に乾かすと思われるかもしれませんが、そういうことではありません。

 

「分かれグセをまたいで左右に乾かす」ということですね。

 

つまり...

 

分け目をまたいで、こちらに乾かしたら...

 

 

次はコチラに乾かし...

 

 

 

また、こちらに乾かす。

 

これを繰り返す、ということですね。

 

自分でやると、こんな感じですね。

 

「おでこ広くなってきてない?」

っていうツッコミはやめてください。

まだ大丈夫なはずです。

多分。

 

 

この乾かし方でも、指の間で髪を掴み「テンションをかける」ようにして乾かして下さい。

 

ちなみに、ブラシを使って地肌をこすりながら乾かすのもあり。

 

ブラシを使う場合は、地肌に当たっても痛くないものを選びましょう。

こんな、スケルトンブラシでもいいかもしれませんね。

 

これを使って…

 

 

こんな感じで、地肌をこするように左右に乾かしていきます。

ガリガリとはやらずに、優しくですよ。

 

ちなみに、松下がサロンワークで愛用しているのがコチラ。

 

「パドルブラシ」

 

お客様は、僕がこれを使っているところをよく見ますよね。笑

 

僕の美容師人生において、「ビックコーム」と「パドルブラシ」は無いと発狂するレベルです。

仕事になりません。

ええ。

 

まぁさすがにパドルブラシはロフトでも売ってないでしょうね…

皆さんは、これじゃなくても大丈夫です。笑

 

そうすると、こんな仕上がりになります。

 

「パッカーン」な分かれグセが、解消されたんじゃないでしょうか。

自然な美しい仕上がり。

 

更に、前髪美人度を上げるテクニック

これだけでも十分いいのですが、更に「前髪美人度」を上げる方法としてアイロン、もしくはストレートアイロンを使いましょう。

クオリティがグッと上がります。

詳しいやり方は、こちらのエントリーで書いているので見てみてください。

[kanren postid="1630"]

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

「このやり方、知らなかった!」という方は、ぜひ一度トライしてみてください。

 

くれぐれも、ドライヤーの熱でヤケドしたりしないように注意して下さいね。

 

自分の髪を上手く乾かして、上手にスタイリングするのは、なかなか難しいかもしれません。

ですが慣れてくると、必ずいい感じにセットできるようになります。

 

皆さんの素敵ヘアライフを応援しています。

それでは。

 

 

女性に嬉しい超軽量ドライヤー。

長時間のドライでも腕が疲れにくい。

  • 自己紹介
松下 由樹

松下由樹/YU-KI MATSUSHITA

髪を「すかない」「削がない」COCドライカットは、美しく健康的な髪づくりを目指す方には、欠かせない技術です。自身の髪質を最大限に生かすことで、さらに女性は輝き、魅力的になります。皆様の人生に携われる美容師を目指して頑張ります!初めての方もぜひ、ご指名ください。必ず素敵にします! hair salon Travis/店長

ヘアの疑問

2019/10/18

「あしたきれいになぁれ♪」で記事が公開されました。

「あしたきれいになぁれ♪」 で記事が公開されました。   普段、サロンワークでも皆さんから聞くことの多い悩み 「ヘアカラーの色落ちが早い問題」   原因や対策方法が記載されています。   ぜひご参考ください。   記事はこちらから ↓ ヘアカラーの色落ち・退色が早い!原因は薬剤残留やpH問題です。

ReadMore

no image

ブログ

2019/10/12

12日は、臨時休業させていただきます。

いつも、ご利用頂きありがとうございます。 12日土曜日の営業ですが、台風のため臨時休業させて頂きます。 何卒、ご理解のほど、よろしくお願いします。

ReadMore

ブログ

2019/10/6

カラーリングセミナー、オールイングリッシュ

こんにちは。 松下です。   先日、定休日を利用してセミナーへ参加してきました。 長岡代表と。     今回のテーマが、 「シンプルなのに力強い、短時間で最大のパフォーマンスを」 的な内容でした。   ざっくり言うと、カラーリングのセミナーでしたね。   教えて下さるのは。。。 ジーナ先生。   美容師歴40年を超える、 大ベテランのカラーリストさんです。 普段は、サンフランシスコでサロンワークをされているよう。   そうです。 ですの ...

ReadMore

no image

ブログ

2019/10/4

ヘアドネーションの前に...。

こんにちは。 松下です。 あっという間に10月になりましたね。 早い、早すぎます。。。(笑) 残りの2019年も、全力で駆け抜けたいと思います。 さてさて、先日のお客様。 トラヴィスに通っていただいてから、約8か月。 ヘアドネーションのために、ずっと伸ばしておられました。 毎月、髪質改善コースでケアしていただいているので、ツヤツヤです。 次回、バッサリとカットされる予定です。 新しい髪型が楽しみですね^_^ 次回もお任せください! いつもありがとうございます。

ReadMore

ブログ

2019/9/18

ちょっと気が早いかもですが...。

こんにちは。 松下です。   先日、営業終わりにスタッフの鈴木さんと...     オリナスの「いきなりステーキ」に。 いきなりステーキって立ち食いのイメージがあったんですけど、ここは座れるんですね。   2人で爆食しました。 ちなみにこの2日前は鈴木さん、長岡代表にウナギをご馳走になっています。 ええ。   次はきっと増山さんが、お寿司をご馳走してくれるでしょうね。(笑)   とにもかくにも、来年のスタイリストデビューに向けて頑張っています、鈴 ...

ReadMore

【月間人気記事】

サイト内検索

スポンサードリンク




-お悩み解決記事, 前髪
-

Copyright© YU-KI MATSUSHITA.JAPAN , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.