最新記事

スポンサードリンク


前髪を増やすってどういうこと?解説してみる。

前髪を増やすとどうなるの?どうやって増やすの?そんな疑問を抱く方へのエントリー

 

こんにちは。

松下です。

 

先日、後輩とのお別れ記事を更新したらアクセス数が過去最多を記録しました。

 

ビックリ。

 

美容記事より、こういった身内関係ブログのほうが読まれるのか・・・!?

 

<記事リンク>

出会いがあれば、別れもある。

 

 

 

確かに、アメブロ時代も「ネタが無いときはとりあえずスタッフを載せる」という風潮がありましたが(アクセス数がなぜか上がる)最近は封印していました。

 

また少しづつ、スタッフネタを小出しにしていこうか・・・

 

さて、本日のテーマは女性の命、「前髪」についての記事です。

 

 

 

 

 

よく、お客様からのご相談で「前髪を増やしてほしい」と、言われることがあります。

 

 

・イメージを変えたいから

・前髪にボリューム感がほしいから

・トップがペタッとして見える

・前髪が分かれてしまう

 

など、お客様によって理由は様々。

 

色々な悩み、不満、理想があって「前髪を増やしたい!」と思われるのだと思います。

 

じゃあ早速、前髪を増やしてみよう!

 

 

テッテレー!

 

でも、ちょっと待ってください。

 

「前髪を増やして、どうなりたいか?」によって、施術方法は変わってきます。

 

前髪の増やし方は、大きく分けて

・「奥行き」を増やす

・「横幅」を増やす

の、2パターンがあります。

 

では、順に説明していきましょう。

 

お悩みケース

・前髪が分かれてしまう

・髪型がペタッとしてみえる

そんな場合は、前髪の「奥行きを増やす」のがオススメです。

 

 

 

<前髪が分かれてしまうケース>

人には、「毛流」というものがあります。

そうです、読んで字の如く毛の流れですね。

毛が分かれてしまう原因というのは、このように・・・

 

 

 

毛が生えている向きが、このような状態のことですね。

 

ブローで毛流れを直す、という方法もあるんですが今回は割愛。

大体、前髪が分かれやすい方は、前髪の生え際付近が分かれていることがほとんど。

これを奥行きを増やし、被せるように持ってくることで、カバーすることができます。

 

 

<髪型がペタッとしてみえるケース>

実はこれも、奥行きを増やすことで、ボリューム感をコントロールすることが出来ます。

奥行きを増やしつつ、少しのレイヤーを入れるのがオススメです。

 

 

では前髪の横幅を増やす場合は、どのようなとき?

 

 

例えばこんな場合。

 

・可愛らしい雰囲気にしたい

・骨格をカバーしたい

などですね。

 

 

<可愛らしい雰囲気にしたいケース>

 

いわゆる、「ワイドバング」というやつですね。

基本的に顔の骨格を「丸く」見せることで、<少女っぽい><可愛らしい>印象になります。

 

<骨格をカバーしたい>

先日、お客様に「面長が気になるんですけど、似合う髪型ってどんな髪型ですか?」と聞かれました。

思いつくのは色々あるんですが、一つの提案として、横幅広めの前髪をオススメしました。

面長が気になる方は、あまり「タテ」を強調しないスタイルが似合います。

こういった場合も、横幅広めの前髪にすることで、骨格によるお悩みをカバーできます。

 

 

以上、「前髪を増やすってどういうこと?」

記事でした。

 

その他にも「こういった感じにしたいから、前髪を増やしたい!」というケースもあると思います。

 

そんな場合は、まずご相談くださいね^ ^

 

先ほど述べた事は、あくまで一例としてです。

 

今後もお客様のヘアライフを素敵にできるよう頑張ります。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!