実はすんごいメニュー「縮毛矯正」の魅力、2選。

そういえば「縮毛矯正」って聞いて、どんなイメージがありますか?

  • シャキーンとする
  • ボリュームが無くなってペタッとする
  • 痛む(ダメージする)

お客様と話していると、割とネガティブに捉われがちな縮毛矯正というメニュー。

もちろんかなり高度な技術なので、慎重になって施術しないと大変なことになります。

チリチリになってしまった、パサパサになってしまった、など…。

(僕もまだまだ研究中ですがね)

ですが縮毛矯正自体は、めちゃくちゃ素晴らしいメニューです。

美容師歴12年に達した今ですら「おぉ、すげぇ!」って思う時があります。笑

僕自身、好きな技術の一つです。

夏場のアイロン作業はしんどいときもありますが。笑

艶やかで綺麗な髪にチェンジすることも出来るし、扱いやすくすることも出来る縮毛矯正。

今回は、そんな縮毛矯正の魅力を少しだけ語ってみたいと思います。

 

ボリュームが「超」収まる縮毛矯正

「髪が広がる!ボリュームを抑えたい!」

そう思ったときって、どうしたらいいと思います?

「髪をすいたらボリュームが抑えられる」

そう思いますよね。

いや、確かにそうなんですけどね。

髪質によっては「すく」より「縮毛矯正」したほうが、確実にボリュームを抑えられることもあります。

特に「クセ」によってボリュームが出てしまう方の場合。

「あれ、すいてもらったら余計に広がってしまった…」

そんな事も髪質によってはありえます。

なのでもしかしたら、そのボリュームは「すく」より「薬剤で落ち着かせる」ほうがいいかもしれませんよ。

 

「艶」を出す縮毛矯正

カラーもパーマもしていないのに、髪に艶がない…。

欲しい…

圧倒的「艶」感が…。

「よし!トリートメントで艶を出そう!」

そう思いますよね。

いや、確かにそうなんですけどね。

ツヤを出すのにトリートメントは必要不可欠。

そう思っていただいて構いません。

ですが、

「家でのホームケアでは高くて良いものを使っているのに、思っているほどツヤが出ない」

という声も聞くんですよね。

 

そんな方は、トラヴィスのシャンプーで…

 

 

 

 

というナチュラルな宣伝は、今日はやめておきましょう。

 

縮毛矯正という選択もアリなのでは?と思います。

そもそも、なぜ艶が出ないのかというと、これまた「クセ」が関係してきます。

どういうことか?

とてもツヤっぽく見えるのは「直毛」と呼ばれる毛質です。

あまりクセがなく、真っ直ぐな髪質。

この直毛の髪質ですと「光を綺麗に反射しやすい」んですよね。

だから天使の輪が出来たり、艶っぽく見えるわけです。

反対にクセがある髪質は光を「乱反射」するようになり、あまりツヤっぽく見えないんですよね。

両者の光の反射の仕方を図で書いてみると分かりやすいかもしれません。

 

 

まぁ、こんな感じですよね。

これに光が当たると…

こんな感じ。

くせ毛の場合は、バラバラな方向に光が反射するのでツヤっぽく見えないんですよね。

つまり髪に綺麗に艶を出すのは「真っ直ぐ」にする、というのがポイントなのかもしれません。

 

まとめ

他にも縮毛矯正の魅力をたっぷり書きたいのですが、松下は一つのブログで書ける文字が2000字が限界なので今日はこのへんで。笑

意外と「痛みそう」「シャキーンとしそう」など、ネガティブに捉われがちなメニュー縮毛矯正。

ですがトライしてみることで、悩みを解消してくれたり、自分を素敵に見せてくれたり、「朝はもっと寝ていたい」なんて方のセットの時短にも(笑)なるかもしれません。

髪質・髪の状態を考慮した薬剤調整、施術の進め方、アイロンワーク等を気を付ければ、そこまでマイナスな結果で終わってしまうことって、ないんじゃないかな?

と僕は思います。

しかし、美容室での事故にも繋がりやすいのも縮毛矯正です。

(髪の履歴によるダメージを見誤ってチリチリになってしまった、等)

なので過去の髪の履歴は、最初しつこいぐらい聞きます。笑

お客さんが素敵ヘアライフを送れるように、そして安心・安全に施術を出来るように今後も研究していきます。

「ちょっと興味がある」

「試してみたいけど勇気が…」

なんて方は、とりあえず相談だけでもしてみて下さい。

ではでは。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

1987年11月11日生まれ。 錦糸町の髪質改善サロンhair salon Travis(ヘアサロントラヴィス)で働いています。 お客様の良きヘアパートナーになれるように、お悩み解決記事、ヘアに関する情報などを発信しています。小顔に見せる前髪カットが得意。