トラヴィスのカットのこだわり

トラヴィスのカット技術は、ちょっと独特です。

「COCドライカット」と名付けられたカット技法。

COCドライカットに関して、僕もまだまだ修行中です。

 

普通(?)の切り方と何が違うのか?

気になりますよね。

(気にならない?笑)

 

ザックリ、

本当にザックリ言うと

「髪のことを真剣に考え、丁寧にカットしていく切り方」です。

 

なんか僕が言うと胡散臭いですね。笑

 

なんて言ったら分かりやすいか、しっくりくる説明か、色々考えたんですが、もうこの言い方しか思い浮かびません。

 

ええ。笑

 

「セニングを使わない」

とか

「骨格にフィットさせる」

など、色々な特徴や効果があるんですがね。

 

ただ施術中に、それをお客様に言っても

「???」

だと思うんですよね。

 

「実はこのカット技法は、すいたり削いだりしないんです」

 

って言われても、いまいちピンとこなくないですか?

 

そう説明したほうが分かりやすいかと思い、ついつい言ってしまうんですが…。笑

 

そもそも髪は「すかない」ほうがいいの?

 

僕の個人的な意見ですが、ダメではないですが「すかないほうがいい」です。

なんでかというと、髪質によっては広がってしまったりするからです。

特に柔らかくてフワフワしたクセ毛の方は、すくことに向いていない気がします。

 

しかし「絶対にダメ」というわけではなく、すきかたによっては特に問題ない場合もあります。

 

例えば「毛先だけをすく」とか。

 

こんなすきかたであれば、髪に悪い影響を与えることはありません。

 

すかないで、どうやって切るのか?

大まかなフォルム(形)を濡れた状態で切った後、乾かします。

ドライ後、毛先を積み重ねていくようにカットしていきます。

 

積み重ねるように切るには、毛先が真っ直ぐな状態じゃないとダメなので、クセ毛の方もパーマがかかっている方も、ストレートにブローしてから切っていきます。

 

「クセを生かすんだったら、自然に乾かした状態(クセが出ている状態で)で切るのがいいんじゃないの?」

 

と、思われるかもしれません。

 

僕もそう思っていたんですがね…。

 

でも、真っ直ぐにした状態で切っていきます。

 

なんか上手く説明できないので書きませんが、そうやって切ったほうがクセもパーマも、ものすごくイイ感じになります。

 

 

髪を大事に考えている方にとって、どんな価値のある技術なのか?

これはもう超・個人的な見解なんですが、

「髪に対して余計なことをしない」

っていうのも、とっても大事な技術だと考えています。

 

僕のドライカットは、正にその言葉通りです。笑

余計なことはしない。

そこが自身のカットのイイところだと思います。

(他のトラヴィスメンバーは色々な考え方があると思います)

 

それが結果的に「美しい」髪を作っていくと、僕は考えています。

あまり語りすぎると胡散臭く思われそうなので、多くは語りませんが笑

 

髪にお悩みの方は、ぜひ一度トラヴィスへご来店ください。