トラヴィスの「ドライカット」という切り方

スポンサードリンク


よく美容室の説明に書いてある、<ドライカット>について。

 

 

 

ドライカットって、どういう切り方?

 

 

どんな効果があるのか?

 

 

少し謎というか、分からない部分もあるかと思います。

 

 


「単純に、乾いている状態で切るんでしょ?」

ええ。

 

 

そうです。

 

 

髪が乾いている状態でカットすることを、総称してドライカット」と呼びます。

 

 

お店によって、ドライカットの定義は違うと思いますが、トラヴィスの「ドライカット」について、少し説明します。

 

 

 

{0DB61764-81FF-4BE3-88CD-757EA9B02A23}

 

 

そもそも一般的に、濡れている状態でカットするのが、スタンダードな切り方です。

(ウェットカットと言います)

 

 

サスーンカットなどのブラントカットに、よく使われる技法です。

 

 

<なぜ、濡らして切るのか?>

ヘアカットの基本は、「型・パターン」です。

 

髪を濡らすことで、クセ・毛流を、一度抑えます。

 

濡れている状態で、決められた型(ヘアスタイル)を作ります。
その後、乾かします。

 

乾かして髪から水分が飛ぶと、クセ、毛流、髪質の影響で、「広がり」「重み」が出ます。

 

 

その「広がり」「重み」を、梳きバサミ(セニング)と呼ばれる道具で、修正していきます。

 

これが、一般的なカット方法です。

 

 

比率でいうと、

<濡れている状態でのカットが8~9>、

<乾いている状態でのカットが1~2>です。

{C56368D4-8431-4967-85AA-50E5FF5756D8}

では、トラヴィスのドライカットは?

 

 

大体ですが、

<濡れている状態でのカットが2~3>

<乾いている状態でのカットが7~8>

です。

 

普段生活する上で、ヘアスタイルはどのような状態かというと、「乾いている状態」です。

 

となると乾いた状態で切っていったほうが、クセ、髪質も把握しやすいですよね。

 

(毛流で飛び出しやすいところ、潰れやすいところも、乾いた状態のほうが見やすい)

 

他にもドライカットの良いところは色々あるのですが、語りすぎるとややこしくなるので(笑)

 

ざっくりと、簡単に説明するとこんな感じです。

 

何より一番の特徴は、パターンからヘアデザインを作るのではなく、

デザインを先ずイメ-ジして、それを形にしていく切り方です。

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」