最新の投稿

【すかないカット]】誕生までの道のり

こんにちは。

松下です。

 

最近すこしづつ、COCドライカットの魅力が、広まりつつあるのを感じております。

じわりじわりと。

 

めっちゃ嬉しい!

 

松下ブログを見ていただいたり、ホームページ(ホットペッパーのほうも)を見ていただいたりして、知ってくださる方が多いみたいです。

ありがとうございます。

 

通称「すかないカット」COCドライカット。

 

僕が、わかりやすく伝えるために、敢えて「すかないすかない」言っておりますが、ただすかないだけのカットというと、そんなことはありません。

 

色々な理論や技術が、組み合わさって出来ているんです。

 

皆さんは、自分の髪型が

どのようにして作られているか?

って、意外と知りませんよね。

 

今回は

「COCドライカットの理論や構造」

を簡単に説明したり、

「他のカット技術と比較して、なにが違うのか?」

を、少しだけ書いてみたいと思います。

 

ただ「松下的見解」を多く含みます。笑

話半分に聞いていただいて構いません。笑

 

2014年のオープン当初は…

実はトラヴィスがオープンした2014年3月は、まだこの「COCドライカット」という技術は、生まれていませんでした。

 

今まで、どのようにカットしていたかというと、主に「サスーンカット」と呼ばれる技術で切っていました。

(オープン当初はレザーを使ってカットしていたスタッフもいたり…。

あまり統一感はなく、個々の自由な技術でカットしていました)

 

美容業界では現在、ほとんどの美容室が、この「サスーンカット」のテクニックを取り入れているのではないでしょうか。

 

僕が最初に習得したカット技法も、サスーンカットです。

 

サスーンカットについて

サスーンカットの歴史を振り返ってもアレなんで割愛しますが、このカットの特徴に、

  • ヘアスタイルがパターン化されている

といった点があります。

 

ヘアスタイルがパターン化されているというのは「型」が決まっているわけですね。

料理で例えるなら「レシピ」が決まっているということ。

肉じゃがの作り方、ブリ大根の作り方、ホウレンソウのお浸しetc…。

(この例え、合ってるのかな…)

 

何度も何度も練習を積んで、一つの「型」を習得していきます。

 

(ちなみに美容学校では、国家試験課題で「レイヤーカット」という髪型を習得しないと、免許がもらえません。僕は試験に2回落ちました。笑)

 

まずは人形で練習を積み重ねて、ある程度のレベルに達したところで、人頭で練習します。

平均2~3年で、サスーンカットの基本的なことは習得できるのではないかと思います。

 

修正技術問題??

さてそんなサスーンカットですが、僕の視点から見た、ちょっとした「問題」を書いてみます。

それは…

 

 

 

 

 

 

ベースカット(型づくり)以降の技術は、個人差が激しい

 

ということです。

 

どういうことか?

 

先ほど、髪型はパターン化されていると書きました。

 

先輩から教わった技術(ボブの切り方)を、練習用の人形で、完璧に切れるようになったとしますよね。

 

「よし、じゃあ今度は友達を切ってみよう!

という具合に。

 

どうなると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ100%自分が思い描いていた、綺麗なボブにはならない

 

んですね。

 

これはなんでかというと、人間には

  • 毛流
  • クセ
  • 骨格

というものがあるからです。

 

この毛流やクセ、骨格は、ヘアスタイルを構成する上で、大きく影響していきます。

(どのように影響するかは今度書きます)

 

僕も修行時代、オカンを「本〇翼さん風ショート」にしたかったのに、

「ムッシュかま〇つ」ヘアになったときは、正直焦りました…。笑

いや、ちゃんと修正しましたけど。

 

 

修正するためにセニング(すきばさみ)を使う

ベースカット後、どのように修正するかというと

・毛量を減らす

ことを、まずやります。

 

「すく」ってやつです。

 

乾かしてみると、クセとか毛流の影響で、思い描いている形と違うんですよね。

毛量を減らすことで、想像している形に近づきます。

 

分かりやすく「修正技術」といいますが(本当は毛量調整っていいます)この修正技術は、なかなか習得が難しいです。

 

全て、技術者のさじ加減で行われています。

 

もちろん、大まかな修正技術理論は先輩方に教わりますが…

先輩によって修正の仕方も違うんですよね。

 

さらに、お客様の骨格や髪質は皆さん違うので、日々のサロンワークで

「このケースは初めてだ…!」

ってことが、ほとんどなんですよね。

 

なかなか思い描いていた形にならない→たくさん「すいて」形にしようとする

 

という過度なセニングワークの結果、

  • パサパサしてしまった
  • 広がってしまった

という事態にもつながりやすいです。

 

修正技術の上手さ(?)は、スタイリストの個人差が激しいんですね。

 

なので、いっそこの「すく」という概念を捨てちゃえ!

ってことになりました。

 

そんな経緯から…

 

トラヴィスでは、2015年からセニング(すきバサミ)は使わなくなりました。

稀に例外はありますが。

 

トリートメントでトゥルットゥルになったのに、

技術者がお客様の髪をスッカスカにすいて、パッサパサにしてしまったら、どうしようもないですよね。笑

 

と、いうことで新しいカット技法が生まれました。

COCドライカット。

髪を美しく、魅力を最大限に引き出すカット技法です。

 

まぁもちろん、その理由だけで生まれたわけではないんですが、ザックリ言うとそんな感じです。笑

 

次のエントリーでは、どのように技術が構成されているかを書いてみたいと思います。

 

更新は、年明けを予定してます。

 

ではでは。

 

髪をすく・すかないについて論じてみた。

2017.05.25

 

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!