枝毛でお悩みの方へ。何気なくやってしまう〇〇をやめましょう

スポンサードリンク


こんにちは。

松下です。

 

最近は雨続きで、ジトジトと湿気が増えてきましたね。

皆様の髪の調子は大丈夫でしょうか?

「湿気の時期のほうがパサつく」という方もいらっしゃいます。

そんな方は、お風呂上がりに付けるオイルの量を、減らしてみてもいいかもしれませんね!

 

さて今回の記事は、湿気対策の縮毛矯正を促す記事ではなく(笑)

お客様との会話シリーズです。

 

 

先日ご来店下さったA様。

 

A様
最近、枝毛がひどくて…。
 

 
A様は、黒髪ロングが素敵な方で、パーマをかけています。

(デジタルパーマ)

お家では、しっかりとケアもされているようです。

う~ん、原因はなんだろう…?

色々とお話しをしていく中で、こんなことを聞いてみました。

 

松下
ドライヤー後に、洗い流さないトリートメントとかは付けてますか?

 

A様
毎日つけてます
 

 

松下
その後、クシでとかしたりしますか?
A様
はい

 

松下

どんな感じのクシでとかしますか?

あ、こんな感じのクシですかね?

 

 

 

 

 

A様
あ、そうです。本当にそんな感じ

 

ここが注意ポイント!

こういったクシを普段お使いの方は、多いです。

「え、ダメなの?」

いえ、そういうわけではありません。

ただ、このクシをお使いの方は大体やってしまう行為。

 

それは・・・

 

「毛先をカリカリとかしてしまう」

これはダメです。アカンやつです。

なぜかというと、髪は意外と物理的な刺激に弱いからです。

(とかす、引っ張るetc…)

とくにカラー、パーマをしている髪は、健康毛と違ってナイーブな状態。

とかせないからと言って、無理に「目の細かいクシ」でとかそうとすると、切れ毛、枝毛の原因になります。

 

じゃあ、とかせない場合はどうすればいいの?

そんなときは、最初に「目の粗いクシ」から使うのがいいかも。

 

ちなみに、松下が普段愛用しているクシは・・・

 

 

 

 

これです。

粗いですね。

僕は仕事中、基本的にこのコーム(クシ)がないと死にます。

 

ただ、このクシはプロフェッショナルシリーズなので、雑貨屋さんには売っていません。

似たようなのは、どこかに売っているんですかね?

こういったクシはなかなかないので・・・

 

こんな感じの「ブラシ」でもいいかもしれません。

スケルトンブラシ。

 

力を入れず、優しくとかす

 

つまり、いきなり「目の細かいクシ」でとかすのではなく、「目の粗いクシ」である程度、髪をほぐしておく。

で、トリートメントをつけて「目の細かいクシ」で馴染ませる。

 

このようにチェンジさせたほうが良いですよ。

ちなみに、とかすときは必ず「毛先から優しく」です。

とくに濡れている状態の髪は、キューティクル(一番外側の部分)が開いている状態です。

超・デリケート。

優しく、とかしてください。

 

<まとめ>

 

いかがでしたか?

普段、何気なく行っている事が、髪の悩みの原因を作っていたりします。

少し変えるだけで、髪のコンディションは良くなっていくはず。

このエントリーが、お悩みの方の参考になれば嬉しいです。

それでは、素敵なヘアライフを。

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」