初めての美容室でのヘアカラー。こんな感じで色を決めていきます

僕は基本的に、アメブロとワードプレスの2つでブログを更新しています。

「アメブロは日常綴り」

「ワードプレスはヘア関連」

と使い分けているつもりなのですが、最近「うん、別に使い分けなくてもいいかなっ」って感じになってきてますね。

 

 

 

まぁそれはどうでもいいんですが、ブログを書いていると「アクセス解析」というものがあるんですよね。

どのような「キーワード」を、グーグルもしくはYahoo!の検索窓に打ち込んで、僕のブログに辿り着いたのかが分かる機能です。

(ちなみに最近アメブロはこの機能を撤廃)

 

最近では主にMATSULOG.でキーワード検索を研究しています。

(ワードプレスは分析機能バッチリ)

この「どういったワードが気になっているか?」を知って分析し、ブログを書くときの参考にします。

(悩んでいる方の参考になるような記事を書きたいので)

もちろんサロンワークでお客様の疑問、悩みを聞いて、その事について記事にすることもあります。

 

で、最近は特に「初めてのヘアカラー」に疑問、悩みを抱かれて検索した結果、MATSULOG.に辿り着いてくれた方が多いみたいです。

ええ。

ようこそ、MATSULOG.(マツログ)へ。

 

さて、そんなわけで今回は「初めて美容室でカラーリング」をテーマに書いてみます。

内容はどうしようか迷ったのですが、

どんな感じで色を決めていくのか?

的な「色決めの流れ」を書いてみようかと思います。

初めてだと気になりますよね。(気にならない?笑)

分かりやすく説明していきたいと思います。

よかったら、ご参考ください。

レッツ、カラーリング!

 

最初に「明るさ」を決めます!

そうです。まずは明るさを決めましょう。

「明度」は印象を左右する重要事項です。

以前「白髪染め」のエントリーでもチラッと出てきたコレを思い出してください。

美容室ではこの「レベルスケール」というもの使って、明るさの目安を決めていきます。

 

「いや、これ見せられてもイマイチよく分からん…」

 

そんなときは、相談していただければ合った明るさをオススメしますよ。

お話を聞いていると、会社によって「大丈夫な明るさレベル」は皆さん異なるようですね。

「7レベル以上はちょっと…」

「9レベルまでなら大丈夫!」

など会社、職種によって髪色の規定は様々。

イメージが湧きにくい方は、以下の写真をご覧ください。

この明るさで9レベル~10レベル。

 

 

 

これで7~8レベルでしょうか。

写真だと分かり易いですね。

なんとなくイメージしていただけたでしょうか。

 

寒色?or暖色?

さて明るさが決まったら今度は「色」を決めていきましょう。

赤なのか、オレンジなのか、アッシュがいいのか…。

カラーのバリエーションは無数にあります。

「この色がいい!」

というチャレンジしてみたい色がある場合は、切り抜き、または画像を見せてください。

「う~ん、分からないから特にないかな…。オススメで」

もちろん、そんな方もいらっしゃいます。

大丈夫です。お任せください。

 

ちなみに分かりやすく説明すると、カラーには

暖色系(赤味を含む色)

寒色系(赤味を含まない色)

があります。

そして、それぞれ特徴というか系統によって与える印象が変わってきます。

 

これまた画像で説明すると…

 

暖色=キュート、可愛い、華やか

 

寒色=クール、知的、大人っぽい

的な感じですかね。

なんとなく、自分の理想とするイメージにはどちらが近いか?

ザックリで構いませんので方向性を決めましょう。

 

方向性が決まったら、オススメをピックアップしてお見せします。

さて寒色もしくは暖色、今回はどちらで攻めるのか?

なんとなく決まったでしょうか。

方向性が決まった後は、いくつかお見せする豊富なラインナップから「これだ!」というのを選んでいただきます。

 

 

皆さんが思っている以上に、色の種類は豊富。

「ピンク!」

とひとくちに言ってもいっぱいあるんです。

チェリーピンクが好みなのか?

サーモンピンクが今の気分なのか?

それとも…

 

 

 

 

 

 

 

 

「燃えよ原田の闘魂ピンク」がいいのか…。

(あ、ちなみにこのピンクは一度じゃなりません。ブリーチ必須)

 

 

たくさんの色味の中から「どれが自分に合うのかな?」なんてことを想像しながら決めましょう。

一番、ワクワクする瞬間です。

ここで

「自分にどれが合うのかサッパリ分からない…」

なんて方もいらっしゃいます。

大丈夫です。安心して下さい。

もういっそ、松下に丸投げしましょう。

僕がピッタリの色をチョイスします。(多分)

 

まとめ

以上「初カラー時の色決めの流れ」を説明してみました。

初めてのカラーって、ものすごくドキドキしますよね。

「いつもと違った自分」

に変身できる期待と、

「全然似合わなかったらどうしよ…」

という不安が入り混じる、不思議な感じ。

(ちなみに僕の初カラーは市販のカラー剤で金髪にしました。

今思うと本当に「ダサっ!」ってレベルの金髪でしたが「俺超イケてる!」と自分に酔っていました。笑

 

とっくにカラーバージンを捨ててしまったので、あの時の感情を思い出すのは難しいですが、お客様の人生初カラーに携われると超嬉しいです。

なので初めてのカラー、是非お任せ下さい。

必ず気に入っていただける「素敵カラー」をお届けします!

それでは。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

1987年11月11日生まれ。 錦糸町の髪質改善サロンhair salon Travis(ヘアサロントラヴィス)で働いています。 お客様の良きヘアパートナーになれるように、お悩み解決記事、ヘアに関する情報などを発信しています。小顔に見せる前髪カットが得意。