最新記事

スポンサードリンク


「原田を切ってみた」の裏側を書いてみた。

先日、トラヴィススタッフの…

 

原田。(辛い物が好き)

 

だいぶ髪が伸びきっていたので、

「これはいかん…

と思い、カットしました。

 

ショートヘア→ベリーショートに。

 

ちなみに、アメブロのほうでもチラッと書きました。

<リンクはこちら>

スタッフ「原田」を切ってみた。

 

 

ちなみに、彼女の頭の形はこんな感じ。

 

 

右側が出っ張っていて、左側は凹んでいる。

 

そして、後頭部のボリュームは出づらい骨格。

 

結構、難しい骨格です。

 

とくにショートヘアは、骨格の影響をダイレクトに受けるので、カットの際は注意が必要です。

 

まずは、大まかなフォルムを作る

 

 

スタッフ原田を、切ってみた。 #ベリーショート #hairstylist #hairstyle #hair #カット

【美容師】松下由樹さん(@matsulog.me)がシェアした投稿 –


トラヴィスはドライカットがメインでカットしますが、大まかなフォルムはウェット状態で作ります。

 

作るデザインに合ったブロッキング(髪をパーツごとに切りやすくするための、分け取る行為)を取り、カットを進めていきます。

 

その後、ブローへ。ある程度しっかり伸ばす。

 

ショートヘアの場合でも、ある程度ブローして髪の状態を揃えます。

髪の重なり具合を、しっかりと確認するためです。

 

ここから、一番重要なドライカットへ。

 

さて、ここからドライカットをしていきます。

先ほど、濡らしてカットした原田の髪。

乾かすと、どうなっていると思いますか?

 

そうです、右側が膨らんでいます。

これは当然なのですが、ウエットカットだけで左右のボリュームを合わせるのは、ちょっと難しい。

これを、ドライカットでチマチマと調節していきます。

 

イメージとしては、こんな感じ。

 

 

右側のボリュームを、削っていく(?)感じです。

ハサミでチマチマと。

反対に、左側はペタンとならないように。

 

これ、セニング(すきばさみ)でボリュームを取って合わせればいいじゃん、って思われそうですが、それはしません。

積み重ねるように切ったほうが、浮遊感も出るし、ボリュームを出したいところを誤って減らす事もないし、質感もかなり良いです。

 

早いのは断然、セニングですけどね。

 

そんな感じで仕上がったこちらのスタイル。.

 

 

 

横にボリュームが出るのに、トップはペタッとしてしまう、原田の骨格&髪質。

 

このスタイルは、ワックスもほとんど付けずにトリートメントを付けただけです。

(トリートメント兼スタイリング剤のエマルション)

 

ちなみに、ワックスをつけると…

 

ふわっとします。束感、浮遊感もバッチリ。

 

と、こんな感じで今回は、施術の裏側的な事を書いてみました。

 

<まとめ>

髪質、骨格を把握して、デザインにどのような影響が出るか?

というのは正直、一回で完璧には分かりません。

切ってみて初めて「あ、ここはこうなりやすいな」

というのが分かります。

 

なので、一度だけでなく何回か担当させて下さい。笑

担当させていただくうちに、フィットするデザインを作ります。

 

今後も素敵ショートを作れるように、頑張ります。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!

2 件のコメント