「髪を巻くのが難しい…」そんな貴女に捧げます。マツシタ式・カンタン巻き髪講座

こんにちは。

松下です。

最近、なんとバイクを手に入れました。

美容学校時代の友人が

「もう乗らないので」

と言って、譲ってくれました。

 

 

ビックスクーターの「フュージョン」

けっこう古いタイプの型式ですが、気に入っています。

 

これで「行ってみた」シリーズの行動範囲が広がるかも?笑

楽しみです。

過去のシリーズはコチラ

<アメブロ>

〇〇〇に、行ってみた。

 

今日のお題は

さて、この間 お客様に

「自分で巻いても、なかなか上手くいかないんですよね」

とのお話を聞きました。

 

たしかに、自分で巻くのは難しいですよね…

「フォワード?リバース?なにそれ」

って感じですよね。

 

これは美容師として、

分かりやすく・且つカンタンに出来る巻き方

を、お伝えしなくては!

と思った松下。

全力で記事を執筆させていただきます。

 

この、

「誰でもカンタン♪内巻きレクチャー記事」

を参考に、明日からの素敵ヘアライフを充実させていただけたらと思います。

お悩みの方は、ぜひご参考ください。

 

<まずはじめに>

さて、これから「巻き方」をお伝えしていくわけなんですが、

難しいとやる気もおきませんよね。

 

一番簡単なやり方を、お教えします。

 

どんな巻き方なのか?

 

そう、

王道「毛先ワンカール」スタイルです。

 

 

こんな感じのデザインですね。

これだけ覚えておけば、もう大丈夫です。(多分)

 

この巻き方は

ロング~ボブまでの幅広い長さに対応できる、

超・使える巻き方です。

 

そして、

「段が入っている・入っていないデザイン」

でも、大丈夫。

 

最強ですね。

 

「かわいくて、ナチュラル」な素敵デザインになります。

さぁ、それでは巻いてみましょう!

 

今回、協力してくれるのは…

 

 

毎度おなじみ「Y.M」さんです。

 

え?

女性スタッフに協力してもらえって?

 

 

 

 

 

いや、みんな忙しそうでして…

頼みづらい(笑)

 

今回もY.Mさんで、ご容赦ください(^_^;)

 

<用意するもの>

まずはアイロンがないとダメです。(コテのこと)

 

今回、使用するコテは

「ノビーアイロン32ミリ」です。

温度も設定できる仕様になっていますが、大体160度~180度がいいんではないかと思います。

  • 髪質が硬くてカールが取れやすい人は180度
  • 髪質が柔らかくてカールが持ちやすい方は160度

がオススメです。

 

<アイロンワークはブロッキングがポイント>

 

さて、巻いていく前にブロッキングをしましょう。

ブロッキングとは「巻く場所を分けとっておく」

ことですね。

 

左側

 

 

右側

(横から見た図です)

 

 

巻くときは、

  • 耳より前側→上と下の2か所
  • 耳より後ろ側→前後の2か所

を、巻いていきます。

 

 

 

 

ちなみにブロッキングは、かなり重要です。

ここで、アイロンワークが成功するか否か、が決まってきます。

 

 

「ブロッキングが8割、巻きが2割」

と心得ましょう。

 

何事も、下準備が大切ですよね。

 

バイクの塗装も一緒で、

「下地作りが8割、塗りが2割」

と言い…

 

まぁ、それはどうでもいいですね。

申し訳ございません。

 

分けておく道具として、

「ダッカール」

があると、便利です。

(こんなやつ)

 

<では、いよいよ巻いていきます>

温度設定よし、ブロッキングよし、

そしたら早速巻いていきましょう。

 

 

まずはどうするか?

「アイロンスルー」をします。

アイロンスルーとは、これのことです。

 

巻くところに、熱をまんべんなく当てていきます。

こうすることで、髪にツヤが出るんですよね。

あと、キレイにカールが付きます。

 

 

 

で、毛先から巻いていくんですが…

 

 

 

 

 

 

ストーーーーーップ‼

ストップ!!

ちょっと待って!!

 

 

 

 

 

「角度」が下がってますよーーーー!!

 

美容用語では、角度の事を「ステム」といいます。

ステム、上げていきましょう。

(下げても間違いではありません。ですが、今回はマツシタ式なので上げてください)

 

 

これぐらい、上げていきましょう。

で、このまま巻いていきます。

 

毛先から、くるくる~と巻いていきましょう。

 

 

なんかやりづらいな、と感じたら

頭を倒して巻くと、いいかもしれませんね。

 

(ちょっと頭を傾けて巻いてもいいかも?)

 

前の巻き終わりは、こんな感じです

毛先に、いい感じのカールが付きましたね。

 

よくある質問の1つに、

「熱を当てる時間はどれぐらいですか?」

と、聞かれます。

 

「毛先ワンカール」スタイルの場合は、ほんのちょっとでいいです。

 

アイロンスルーをした後、くるくる~と巻いて、1~2秒ぐらいが目安でしょうか?

カールが付きにくい方は、3~4秒を目安に熱を当てましょう。

 

 

前を巻き終えたら、後ろを巻いていきます

 

さて、次は後ろへ。

 

後ろの髪は、図のように2か所を巻いていきます。

 

まずは、①を巻いていきます。

 

 

巻きやすいように前に持ってきて…

 

 

 

 

 

くるくる~と、巻いて下さい。

 

 

後ろの①を、巻き終えました。

続いて、後ろの②を巻いていきます。

 

同じようにくるくる~と。

 

 

こんな感じになりますね。

 

後ろ側は、とにかく

「ワンカール巻ければいい」

ので、ステムとか気にせず巻いてください。笑

 

慣れてきたら、ステムも意識していきましょう。

 

さて、すべてを巻き終えましたね。

これで完成!

 

 

 

 

…ではなく、その前に「ほぐす」という大事なミッションがあります。

 

この「ほぐす」工程をキチンとすることで「こなれ感」が出てきます。

 

やり方は、超簡単。

「わしゃわしゃ」するだけです。

 

先ほど一生懸命巻いたカールに、空気を含ませていきましょう。

 

わしゃわしゃ~

 

 

 

まぁ、こうなりますよね。

 

この後、スタイリング剤を付けていきます。

 

マツシタ的にワンポイントが

「スタイリング剤を2度付け」なんですよね

 

2回に分けて付けるといいますか…

 

家に2種類なければ、1つで構いません。

 

僕の場合は「ボンファムエマルション」を付けた後に、

ピースのグロスワックスorソフトワックスのコンビネーションが多いです。

 

なんかいい感じになるんですよね。

 

最初に付けるスタイリング剤を、少量を手に取り…

 

全体に、まんべんなく付けていきます。

 

 

あまり形は意識せず、とりあえず全体に馴染ませていきましょう。

 

そして、次のワックスをまた手に取り…

 

 

また全体に、まんべんなく付けていきます。

 

この時のポイントは

「下から揉みこむように」

付けていってください。

 

気になる仕上がりがコチラ…

 

 

王道・素敵ワンカールヘアの完成です。

 

 

ゆるふわ~

これで貴女も、明日から「こなれ女子☆」に大変身っ。

 

<まとめ>

いかがでしたか?

「なんか自分でも出来るかも?!」

と、思っていただけたでしょうか。

ワンカールだけでも、いい感じの可愛いヘアスタイルになりますよね。

ショートヘア(肩ラインのボブなど)の場合は、無理にコテではなく、ストレートアイロンで丸みを付けるのもいいかもしれません。

 

巻くときは、ヤケドには十分注意してください。

 

「真似してやってみたけど、どうしても出来ないっ!」

という方は、気軽にご相談くださいね!

 

このエントリーが、少しでも皆さんの参考になると嬉しいです。

明日からの素敵ヘアライフを応援しております!

 

ではではっ

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

1987年11月11日生まれ。 錦糸町の髪質改善サロンhair salon Travis(ヘアサロントラヴィス)で働いています。 お客様の良きヘアパートナーになれるように、お悩み解決記事、ヘアに関する情報などを発信しています。