YU-KI MATSUSHITA.JAPAN

hair salon Travis/店長「すかないカット」で美しい髪に導く。COCドライカット×ヘアケアメソッド

【人気記事一覧】

お悩み解決記事

「かき上げ前髪」をマスターすれば、大人の色気が溢れだす

更新日:

こんにちは。

松下です。

 

 

 

突然ですが皆さん、人生でこんな事を思ったことはありますか?

 

 

 

 

 

「色気...大人の色気が欲しい...」

 

 

やはり、ないよりはあったほうがいいですよね。

 

僕も先日めでたく30歳を迎え、大人の色気を研究中です。

なかなか出ないんですけどね。

 

オールバックにすれば、色気が出るかな?

と、思ったんですが...

 

 

 

 

 

なんか違うのが出ました。

 

 

まぁ、そんな話はさておき。

 

先日、お客様が

お客様
中村〇ンさんのようなかき上げ前髪にして、女性としての色気を出したいんです!

 

と、おっしゃっておりました。

 

なるほど、確かに中村ア〇さんから溢れ出る色気は、きっとあの前髪に宿っているといっても過言ではないです。

 

前髪、かき上げましょう。

かき上げて、そこら中の男性陣を「フンガフンガ」言わせてやりましょう。

 

しかしですね、ここでご相談が。

 

「なんか自分でやると上手くいかないんです」

 

自分でやると、どうやら想像していた仕上がりと違う感じになってしまうそうです。

 

これは、松下の出番です。

 

お客様に、そして同じ悩みを持つ日本の女性皆さんに向けて、全力で「かき上げ前髪記事」を書かせていただきたいと思います。

 

これさえマスターすれば、あなたは明日から色気がドバドバ溢れ出ます。

(多分)

 

では、さっそく参りましょう。

 

レッツ・かきあげ!

 

用意するもの

今回、用意するものです。

 

ドライヤー

 

 

水(寝ぐせ直しでも可)

 

 

 

ブラシ(目の粗いものがいいです)

 

 

用意はできましたでしょうか。

 

ちなみに今回協力してくれる方は、

この方です。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

ちなみに、前髪の長さは...

アゴ下10㎝ぐらいです。

 

僕の経験上、かきあげ前髪はリップライン(口元)ぐらいあったほうがイイです。

 

まずはどっちから分けるかを決めます

 

では解説していくんですが、まずは

「どっちから分けるか?」

を決めましょう。

 

右の分け目からアンになるのか?

 

左の分け目からアンになるのか?

 

決める所からスタートします。

 

 

だいたい、毛流の関係で

「かきあげ前髪がしやすいほう(根元から立ち上がりやすい)」

「かきあげ前髪がしにくいほう(ペタッとしてしまう)」

があります。

 

上の写真で言うと、左の分け目のほうが立ち上がってますよね。

例だと、左の分け目でやるのがオススメですが、まぁどちらでも構わないです。

 

自分の好みのほうでチャレンジしましょう。

 

「右からのアングルを見せたい!」

なんて方もいらっしゃると思うので。

 

今回は、右の分け目から仕上げていきます。

 

まずは根元をよく濡らす

 

分け目部分の根元を、スプレイヤーなどで濡らしていきます。

 

 

しっかりと地肌から濡らすのがポイントです。

 

 

 

できれば分け目だけではなく、この辺りすべて濡れていたほうが完成度は高くなります。

 

濡らしましたか?

 

そしたら、分け目を消していきます。

右⇔左と、ドライヤーの風をあてていきます。

 

まずは左方向から温風を当てて...

 

 

次は右方向から、温風をあてます。

 

 

もう一回左から...

 

またまた右から...

 

 

こんな感じで、髪が乾くまで繰り返します。

乾いたら、自然に前に下ろします。

 

そうすると...

 

 

こうなります。

こうなるはず。

 

詳しいやり方は、こっちにも書いてあるので、よかったらご参考ください。

[kanren postid="2367"]

 

 

そしたら、今度は前から後ろに向かって温風を当てていきます。

 

ブォォォっと。

ブラシをしっかり地肌に当てたほうが、立ち上がりがキープされます。

 

どんなに強く当てても...

 

 

 

こうはならないので、安心してください。

 

 

そうすると...

 

こんな感じで、根元が「ふわっ」とします。

 

ただ、これだけだとまだ未完成です。

前髪がポロポロと顔に落ちてきてしまいますからね。

 

なので、さっきのブラシを...

シュッシュッと、軽く水で濡らして、、、

 

 

 

後ろに向かって、とかしながら温風(弱風)を当てていきます。

こうすることで、前髪が落ちてこないようになります。

落ちてこなくなるまで、濡れたブラシで根元からとかします。

 

そうするとついに...

完成!!

 

どのアングルから見ても「中村〇ンさん風・素敵かきあげ前髪」

の完成です。

 

 

ふわっとセクシー。

もう、溢れ出る色気を止められません。

 

最後にスタイリング剤を付けると、

いい香り+キープ力が増します。

ワックスよりも、スプレーのほうがオススメです。

 

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?

 

最初は慣れないと思うので

「上手くセット出来ない!」

と思われるかもしれません。

 

ですが、まずは2回。

2回チャレンジしてみましょう。

 

それでもダメな場合は、分け目を変えてもう2回、チャレンジしましょう。

 

そうすればきっと、コツをつかめるはずです。

(多分)

 

それでもダメな場合は、きっと僕のブログの書き方が悪いので、一報ください。

 

迅速に書き直します。

 

はい。

 

このエントリーで、皆さんの「色気ヘアライフ」が充実されることを祈っております。

ぜひ、ご参考ください。

 

 

それではっ

  • 自己紹介
松下 由樹

松下由樹/YU-KI MATSUSHITA

髪を「すかない」「削がない」COCドライカットは、美しく健康的な髪づくりを目指す方には、欠かせない技術です。自身の髪質を最大限に生かすことで、さらに女性は輝き、魅力的になります。皆様の人生に携われる美容師を目指して頑張ります!初めての方もぜひ、ご指名ください。必ず素敵にします! hair salon Travis/店長

ブログ

2019/4/22

スタッフ「コバヤシ」をイメチェンさせてみた。~春のウルフヘア~

先日、営業中にスタッフ 「コバヤシ」を見て、思いました。     松下「そろそろカットせねば...。」     どうやら前回カットしてから、 だいぶ経つみたいなんですよね。     (最近のコバヤシ)     やはり美容師たるもの、常に 「~美の最前線~」 にいなければなりません。   と、いうわけで切ります。   目指せ春ヘア。   「毛先を整えるだけ」だなんて、 生ぬるいことはしません。 &n ...

ReadMore

ブログ

2019/4/18

髪を綺麗にしていく、トラヴィスの「すかないカット」の話。

このたびは、 松下ブログをご覧いただき、 誠にありがとうございます。   錦糸町の美容室 hair salon Travis(ヘアサロントラヴィス) の店長、松下由樹と申します。     まぁ、店長になったのは最近なんですけどね。   トラヴィスがオープンして4年目、 2018年に昇格しました。   いつもご来店くださる、皆様のお蔭です。 ありがとうございます。 まだまだ新米店長ですが、頑張ります。     さてさて、hair salo ...

ReadMore

ブログ

2019/4/22

嬉しい口コミをいただきました。ありがとうございます。

こんにちは。 松下です。       先日、ホットペッパービューティにて、 嬉しい口コミをいただきました。       自分が積み重ねてきた技術を褒めてもらえると、本当に嬉しいです。 ありがとうございます。   これからも、 皆さんに喜んでいただけるよう、 技術を磨きに磨いて、磨きまくって 邁進していきたいです。   たぁこ様、ありがとうございました。   またのご来店、心よりお待ちしております。

ReadMore

ブログ

2019/4/22

期待の新人たち。よろしくお願いします!

こんにちは。   美を愛し、美には愛されなかった男 松下です。     ヒゲ脱毛を始めて、半年が経ちました。 ええ。   思ったほど効果を実感していません。   やはり31年、苦楽を共にしてきただけある。   なかなか去ろうとしませんね。 う~ん、未練がましい。   途中経過をブログに書こうとしましたが、 それこそ狂気の沙汰なので、やめておきます。   はい。   まぁ、そんな話はさておき。笑   &nbs ...

ReadMore

ブログ

2019/4/22

営業終わりにカットセミナーへ行って、お勉強。

こんにちは。 松下です。   先日、都内某所に存在するキラキラ会館へ赴き、 楽しみにしていたカットセミナーに参加してきました。     ベテラン先生が作るヘアスタイル。 松下、心の中でスタンディングオベーションです。     技術的なことはもちろん 「すんごい‼︎」 と思います。   ただそれよりも、 確実にキャリアを重ねた美容師さんは、 やはりお客様に合わせて、 似合う場所でスパーンと切る 【イメージ力】 というか...。 &nb ...

ReadMore

【月間人気記事】

サイト内検索

スポンサードリンク




-お悩み解決記事

Copyright© YU-KI MATSUSHITA.JAPAN , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.