最新記事

スポンサードリンク


ちょっと待てちょっと待て美容師さーん!(髪型の)「軽い、重い」って、なんですのん?

こんにちは。

トラヴィスのブログ美容師、松下です。

 

美容室に行くと、よく

「軽い感じが好きですか?」

「多いので、軽くしますか?」

と、聞かれませんか?

 

軽くする、軽い感じ、軽いヘア…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?軽いってなんだ?

 

 

 

とりあえず、よく分からないから

「そうですね。軽くしてください」と、言ってみる。

 

仕上がってみると、

「あれ、何か違う気が…」

 

 

 

 

ちなみにこの「軽い・軽さ」という言葉、僕もよく使ってしまいます。笑

 

お客様に問いかけてみて、

「あ、分かりづらかったかな?」と思ったら詳しく説明するんですが…。

 

皆さん何となく分かっているかもしれませんが、

今日は少しだけ「軽さ」という言葉についてのお話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

さて、まずザックリ説明すると、

 

「軽さ」とは、大きく分けて二種類のことを指します。

 

 

髪に段差が入っている=「軽い」スタイル

毛量を少なくする=「軽く」する

 

大体、この二つの事を指します。

 

「ヘアスタイル」

もしくは

「毛量」

の事を指しているわけですね。

 

ヘアスタイルの事を指す「軽いスタイル」とはどんなスタイルか?

 

いわゆる、「レイヤー」と呼ばれる段が全体的に入っているスタイルの事ですね。

写真で説明すると、こんなスタイル。

 

 

 

 

じゃあ反対に、重いスタイルってどんなスタイル?

 

写真で説明すると、こんなスタイル。

 

 

 

 

 

 

二つを比べてみると分かりやすいですが、

段が入っているほうが、下の部分の「厚み」が少ない気がしませんか?

 

 

 

 

これゆえに、段が入っているスタイルを総称して「軽いスタイル」と言うのです。

 

なるほどですね。

 

 

毛量を少なくする、減らす=軽くする

 

スキバサミなどで髪をすく、毛量を減らす事を差す「軽くする」という言葉。

 

「毛量が多いので、軽くしてください」

「髪をすいて、軽くしたいです」

 

そんなときに使われる言葉ですね。

 

物理的に髪を「減らす」ことで、髪の重さを「軽く」することから生まれた言葉なのでしょうか。

美容業界に入ったときから、髪をすく行為を「軽くする」と呼んできました。

 

(今思えば「減らす、少なくする」って言えばいいんじゃなかろうか?

と思いますが、ついついそう言ってしまいます)

 

段を入れてほしくて「軽い感じにしたい」と言ったのに毛量を取られてしまったら、それはもう落ち込みますよね。

 

「そ、そこは軽くしちゃダメぇ!」

 

 

 

 

 

さて、以上が「軽くする」という言葉に潜む裏側についてでした。

 

まとめると…

・ヘアスタイルのことを指す軽さ

・毛量のことをさす軽さ

 

が、あるわけですね。

 

部分的な話で言うと、お客様に

「前髪をカルくしてください」

と言われると、どちらのことを指すのか考えるときがあります。笑

 

お話してると当然、分かるんですけどね。

 

 

 

カウンセリングのときとか、オーダーを言うとき

「何て言ったらいいか、分からない!」

そんなとき。

これらを知っておくと、ちょっと役立つかもしれません。

是非、ご参考ください。

WEB予約

ヘアサロン トラヴィス(hair salon Travis)|錦糸町

錦糸町にある髪質改善の美容室です。「らしさを求める女性のために、価値ある美を創造する」ヘアサロンです。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

Instagramでスタイル配信中!

1 個のコメント