ヘアの疑問

ちょっと待てちょっと待て美容師さーん!(髪型の)「軽い、重い」って、なんですのん?

更新日:

こんにちは。

 

「すかないカット」で髪を綺麗にする

松下店長です。

 

<すかないカットに関してはこちら

 

美容室に行くと、

よく

「軽い感じが好きですか?」

「多いので、軽くしますか?」

と、聞かれませんか?

 

軽くする、軽い感じ、軽いヘア...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?軽いってなんだ?

 

 

 

とりあえず、

よく分からないから

「そうですね。軽くしてください」

と、言ってみる。

 

仕上がってみると、

「あれ、何か違う気が...?」

 

 

 

 

 

ちなみにこの「軽い・軽さ」という言葉、僕もよく使います。笑

 

お客様に聞いて、

「分かりづらかったかな?」

と思ったら詳しく説明するんですが...。

 

 

なんとなく理解しているかもしれませんが、今日は「軽さ」という言葉についてのお話をしたいと思います。

 

 

まずザックリ説明すると、

 

「軽さ」とは、大きく分けて2種類のことを指します。

 

 

デザインに段差が入っている=「軽い」スタイル

毛量を少なくする=「軽く」する

 

大体この2つのことを指します。

 

「ヘアスタイル」

もしくは

「毛量」

の事を指しているわけですね。

 

ヘアスタイルの事を指す「軽いスタイル」とはどんなスタイルか?

 

いわゆる、

「レイヤー」と呼ばれる

段が全体的に入っているスタイルの事ですね。

写真で説明すると、こんなスタイル。

 

 

 

 

じゃあ反対に、重いスタイルってどんなスタイル?

 

写真で説明すると、こんなスタイル。

 

 

 

 

 

 

二つを比べてみると分かりやすいですが、

段が入っているほうが、下の部分の「厚み」が少ない気がしませんか?

 

 

 

 

これゆえに、

段が入っているスタイルを総称して

「軽いスタイル」と言うのです。

 

なるほどですね。

 

 

毛量を少なくする、減らす=軽くする

 

スキバサミなどで髪をすく、毛量を減らす事を差す「軽くする」という言葉。

 

「毛量が多いので、軽くしてください」

「髪をすいて、軽くしたいです」

 

そんなときに使われる言葉ですね。

 

物理的に髪を「減らす」ことで、

髪の重さを「軽く」することから生まれた言葉なのでしょうか。

 

美容業界に入ったときから、

髪をすく行為を「軽くする」と呼んできました。

 

(今思えば「減らす、少なくする」って言えばいいんじゃなかろうか?

と思いますが、ついついそう言ってしまいます)

 

段を入れてほしくて「軽い感じにしたい」と言ったのに毛量を取られてしまったら、それはもう落ち込みますよね。

 

「そ、そこは軽くしちゃダメぇ!」

 

 

 

 

 

さて、以上が「軽くする」という言葉に潜む裏側についてでした。

 

まとめると...

 

・ヘアスタイルのことを指す軽さ

・毛量のことをさす軽さ

 

が、あるわけですね。

 

部分的な話で言うと、お客様に

「前髪をカルくしてください」

と言われると、どちらのことを指すのか考えるときがあります。笑

 

お話してると当然、分かるんですけどね。

 

 

 

カウンセリングのときとか、オーダーを言うとき

「何て言ったらいいか、分からない!」

そんなとき。

 

これらを知っておくと、ちょっと役立つかもしれません。

是非、ご参考ください。

 

ではでは。

  • 自己紹介
松下 由樹

松下由樹/YU-KI MATSUSHITA

髪を「すかない」「削がない」COCドライカットは、美しく健康的な髪づくりを目指す方には、欠かせない技術です。自身の髪質を最大限に生かすことで、さらに女性は輝き、魅力的になります。皆様の人生に携われる美容師を目指して頑張ります!初めての方もぜひ、ご指名ください。必ず素敵にします! hair salon Travis/店長

【月間人気記事】

サイト内検索

-ヘアの疑問

Copyright© JAPAN TOKYO hair salon Travis , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.