縮毛矯正をしている髪に、パーマはかけれるのか?

こんにちは。

松下です。

G.Wも後半戦。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

連休中は、トラヴィスに初めてご来店のお客様も多く、嬉しいです。

 

 

さて先日、初めてましてのお客様とのカウンセリングで。

「縮毛矯正をしている髪に、パーマはかけることは出来ますか?」

と、聞かれたので、自分の意見を少し書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

<松下的考察>かけることは出来る

僕個人の意見では、かけることは可能だと思います。

しかし、髪の状態を実際に見て、触って、濡らしてみて、など、かなり慎重な見極めが重要です。

かけることは出来る、と言いましたが実際の仕上がりが、お客様がイメージされていた通りになるか?と聞かれれば、正直難しいと言わざるを得ません。

それぐらい、縮毛矯正をしている髪にパーマをかけるのは大変なんです。

一度、熱処理で真っ直ぐにしてる髪を、また曲げようとしているんですよ?

髪への負担は、かなりあります。

 

それでもどうしてもかけたい!

もうストレートヘアには飽きちゃった!

 

そんな方も多いので、なんとかトライしてみますが・・・。

 

ちなみに、矯正毛にパーマをかける場合は、デザインよりも「いかに髪に負担をかけずに施術するか」に重点を置いています。

無理をすると、チリチリ(いわゆるビビリ毛)な仕上がりになってしまいますので。

 

パーマはデジタルパーマ?普通のパーマ?

 

これも髪の状態によりますが、基本的には「デジタルパーマ」のほうが良いのではないかと。

場合によっては、通常のパーマでも大丈夫なこともあります。

 

とにかく、縮毛矯正毛にパーマをかける場合は、担当の美容師さんとよく相談することが大事!

 

今までどんなカラーをしてきたか、ブリーチはしていたのか、縮毛矯正はいつかけたのか、普段はどんなケアをしているか、などなど・・・。

 

自分の髪の履歴は、事細かく説明しましょう。

面倒くさがってはいけませんよ。

 

<まとめ>

ここまで色々と説明してきましたが、正直「パーマをかけられない状態」と診断されたら、潔く諦めましょう。

そして、またパーマをかけられる状態に、髪のコンディションを整えてから再チャレンジしましょう。

もちろん、美容師側としては

「かけてあげたい!」

という気持ちは常にMAXです。

 

しかし、無理をして髪を痛めてしまい、喜んでもらうはずが悲しませるハメに・・・。

 

なんてことは、絶対に避けたいものです。

 

なので担当の方としっかり相談するのが大切ですね。

 

以上、松下的見解でした。

 

 

 

 

 

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    松下 由樹

    1987年11月11日生まれ。 錦糸町の髪質改善サロンhair salon Travis(ヘアサロントラヴィス)で働いています。 お客様の良きヘアパートナーになれるように、お悩み解決記事、ヘアに関する情報などを発信しています。小顔に見せる前髪カットが得意。