脱・髪型のマンネリ化。ちょっとした小技で雰囲気を変えるコツ。

初めましてのお客様からも聞きますし、

いつも来て頂いているお客様からも相談される悩み。

「短くするつもりはないけど、今の感じも飽きてきたから…ちょっと変えたいです」

そんな悩み。

皆さん、ありますか?

 

 

 

「雰囲気を変えたい」

 

 

そう思ったときに、出来ることは…

カラー?

パーマ?

「でもでも会社の関係で、明るくすることはできない」

「パーマもいいけど、自分でセットするのが難しそう」

そんな声もチラホラ。

では、どうしましょう?

 

 

「やっぱり短くするしかない?」

 

いえいえ。

バッサリ切る以外、雰囲気を変えることは出来ないのかと聞かれると、そんなこともありません。

ちょっとした小技?や施術、工夫で雰囲気を変えることは出来ます。

それって一体、なんでしょう?

 

それは…

 

  1. 前髪をチェンジ
  2. スタイリング剤をチェンジ
  3. 分け目をチェンジ

などがチャレンジしやすく、且つマイナーチェンジになるのではないかと思います。

 

一つづつ説明していきましょう。

まずは其の一。

前髪をチェンジ

 

 

正直なところ、前髪さえ変えれば雰囲気はかなり変わります。

 

全体の長さを5センチ切っても雰囲気は変わりづらいですが、前髪は1センチ切るだけで変わります。

 

それぐらい、前髪のもつチカラは強大。
例えば、いつもは重め(あまり段の入っていない)の前髪。

重めとは…

 

 

こんな感じの前髪ですね。

この前髪も好きだけど、ちょっと雰囲気を変えたい場合…

 

 

軽めの前髪にチャレンジしてみる。

 

これだけでも、だいぶ印象は変わります。

 

 

重めの前髪の見え方・特徴は

・可愛らしい

・若々しい

ですね。

なぜかと言うと、顔の見え方が「丸」に近づくため。

「〇」に近づけば近づくほど、幼く見えたり、少女っぽく見えます。

 

 

 

 

じゃあ反対に、軽くするとどう見えるかというと

・大人っぽい

・上品

などと言ったところでしょうか。

 

軽くすることにより、前髪に「すき間」ができますよね。

 

 

すき間ができると、顔の見える面積が「縦」広がります。

 

 

そうすると見え方として「幼さ」はなくなり、大人っぽい印象になります。

「顔が丸く見える…」

というお悩みの方にも、オススメです。

 

ここで書いた以外にも、

「アシメバング」

「眉上バング」

など、前髪の種類は色々あります。

 

「マイナーチェンジ」を狙って、ちょっとずつチャレンジしていくと良いかもしれませんね。

 

イマイチ、どんな前髪にしたいか悩むときは、ご相談ください。

 

 

次回は、其の二

②スタイリング剤をチェンジ!

 

について、説明します。

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

1987年11月11日生まれ。 錦糸町の髪質改善サロンhair salon Travis(ヘアサロントラヴィス)で働いています。 お客様の良きヘアパートナーになれるように、お悩み解決記事、ヘアに関する情報などを発信しています。小顔に見せる前髪カットが得意。