COC Dry Cut

スポンサードリンク


トラヴィスのオリジナルカット技法

「COCドライカット」は、素材(髪質)を生かしたカット技術です。

すきばさみ(セニング)、レザー(カミソリ)での「毛量調節」という概念を捨て、ハサミ一本でヘアスタイルを構築していきます。

時間が掛かるカットです。

質感を作る場合を除いて(前髪、ショートヘアの襟足など)ハサミ一本でヘアスタイルを作っていきます。

ですので「ヘアスタイルの大幅なチェンジ」または「初めてドライカットをされる新規のお客様」の場合、多少お時間が掛かる場合があります。

予め、ご了承ください。

 

髪を「すく」という概念を捨てたカット技法

  • 髪を梳(す)かれすぎて、断毛したように短い毛が出来てしまった
  • クシでとかすと、髪が引っ掛かる
  • 髪に、思い通りのボリュームが出ない
  • まとまりが悪い

 

こういった問題は、なぜ起こるのか?

 

原因の一つに、

「過度な毛量調整」

が挙げられます。

 

髪を梳(す)くのはなぜか?

以前、僕が勤めていたサロンでは「スキバサミ」を使用してカットしていました。

当然、そこで修行を積んだ僕も、先輩に教わるがままスキバサミを使用してカットしていました。

 

スタンダードなカット技法では、まず髪が濡れた状態でカットしていきます。

(ここで大まかなベースを作る)

そしてドライ(乾いた)状態にします。

 

濡れている状態と違って、髪は乾くと膨張しますよね。

すると「馴染まない」または

「膨らんで重たく見える」という現象が起きます。

 

それらを解消するために、セニングを使用します。

これが一般的な、カット技法です。

 

ヘアスタイルを構築しているのは?

 

ヘアスタイルというのは、

「毛先の積み重なり」

で構築されています。

求めるデザインに対して適したベースカット、

質感調節が出来れば、髪を「すく」または「減らす」という行為をしなくても、

デザインは作ることが可能です。

 

むしろ、ご自身の髪質(素材)を最大限生かすことで

  • 綺麗なツヤ
  • 自然なボリューム

が出てきます。

 

自分の髪と長く付き合っていくのに、

COCドライカットという技法・考え方は、必ず喜んでいただけると僕は思っております。

 

髪に関して、お悩みの方は気軽にご相談ください。

必ず、素敵にします!

松下 由樹

 

<hair salon Travis>

■営業時間

10:00~20:30

■定休日

毎週火曜日

■address

東京都墨田区太平4-6-16

ザ・パーククロス錦糸町

蔵前橋通り1階

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」