梅雨だから?いや、毛量が多いから?サイドにボリュームが出すぎる場合。

スポンサードリンク


「いや、なんだろう…。

気のせいかもしれないけど…。」

 

 

 

なんか顔周りが重い気がする。

 

 

 

 

すいてもらったり、軽い感じにしてもらっているはずなのに…。

 

 

クセ?もしくは髪質のせい?

 

 

 

なんて、そう思ったことはありますでしょうか。

 

 

こんにちは。

前髪の記事を書くのが大好き!な、ヘアブロガーです。

 

4月は暇・・・じゃなくて、落ち着いた営業の日々なので、ブログの執筆が捗っています。

 

ええ。

 

パソコンイジッているより・・・

髪を・・・髪を切りたい・・・

 

 

 

 

 

さて、それはさておき、サイドのボリュームの事についての内容です。

 

なんか顔周りが重たく感じるのはなぜ?

 

一概には言えませんが、原因の一つとして「前髪」を見直してみると、解決できることがあります。

 

一体、どういうことか?

ちょっと説明していきます。

 

サイドが重い?野暮ったい?と感じたときは「前髪の幅」を見直してみる。

 

 

「前髪の幅」と言われても、いまいちピンとこないかもしれませんが、コチラをご覧ください。

 

 

 

これは、頭を「上から」見た図ですね。

(頭に…見えますよね…?)

 

赤色の斜線部分が、前髪の範囲(幅)です。

 

この図のように前髪は大体、三角形で形成されています。

 

で、この幅が重要なんですが…

たとえばこの幅。

 

 

これぐらい狭いと、どうなるか。

(ちょっと極端に書きましたが。笑)

 

なんとなく、想像できますかね?

 

本来、前髪とするのが理想なのに、「サイド(横)部分」の毛にしてしまう。

 

そうなると、やはり横の部分に重み・厚みが残ってしまいます。

 

いくら毛量をすいても、段を入れても解決しないのは、こういったことが原因のケースもあるんですよね。

 

 

そうすると・・・

 

 

 

 

前髪の幅が原因の場合は、幅を修正するだけで解決します。

 

簡単。

 

それでも解決しない場合は、他の事が原因かもしれませんね。

 

一例として、こういったこともありますので、ご参考ください。

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」