髪を「すかない」技術

スポンサードリンク


お店でオリジナルドライカットを導入して、大体ですが2年半ぐらい?経ちました。

それまでは、「一般的」といわれる切り方でカットしていたんですがね。

 

 

ウェットカット、つまり「濡れている状態」でまずカット。

その後「広がりそうだな」とか「量多いな」と感じたら、セニングワーク。

 

つまり、「すきばさみ」ですね。

で、髪をドライ。

 

乾かしたのをみて、必要そうな場所をまたセニング。

 

こんな感じの流れでした。

 

しかし先日、久しぶりに感じたことがあったんですよね。

初めてご来店のお客様を、担当させていただいた時。

「あまり、髪をすかないでほしい」

と、仰られたんですよね。

 

その時、

「そういえば、以前は髪をすかないでヘアスタイルを作るなんて、無理だと思っていた」

なんて、考えながらカットしていました。

と、いうか・・・

カットに関する考え方が、変わりました。

ヘアスタイルっていうのは、髪の毛の積み重なり。

 

すいたらどうこうっていう話ではないんですよね。

 

綺麗な髪は、綺麗に切ることが大事。

まぁ、僕自身まだまだなんですけどね。

これからも精進します。

 

錦糸町で、いや墨田区で一番、丁寧にカットしますよ。

ヘアサロントラヴィスは。

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」