「縮毛矯正をやめていく」という選択肢

スポンサードリンク


お客様から質問、というかご相談される事柄の一つに・・・

 

「縮毛矯正を、お休みしていこうと思うんです」

 

という、ご相談を聞くんですよね。

 

 

縮毛矯正を、お休みしていきたい理由を聞いてみると

・自分の髪質を生かしていきたい

という声が、一番多いかもしれません。

 

正直、無理なのかな?

と、思われているお客様も多いですが、そんなことはありませんよ。

 

ただやはり「矯正してある部分」「新しく生えてきた自分の髪」の質感の違いは、気になると思います。

 

縮毛矯正をやめていきたい場合、まずどうするべきか?

色々な方法がありますが、その中の一つに

「短くショートヘアにする」

という方法があります。

 

実際、僕のお客様にも短くショートヘアにして、縮毛矯正をやめていかれた方もいらっしゃいます。

 

ただ、短くされたことのない方にとって、ショートヘアにするのは勇気がいりますよね。(^^;

 

そもそも、短くってどのくらい?

 

オススメは、このぐらいの長さ。

 

 

 

 

で、いきなりここまで短くするのにはちょっと抵抗が・・・

 

という方には、これぐらいの長さがオススメ。

 

 

 

ちょっとづつ縮毛矯正がかかっている部分を取っていければ、脱・縮毛矯正ができます。

道のりは長いですが、そんな感じで少しづつ素髪に戻していくのがいいかもしれませんね。

 

お悩みの方は、是非ご相談ください。

 

スポンサードリンク


管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画

スポンサードリンク<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– MATSULOG-sp-top –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4276119855210287″
data-ad-slot=”3710047241″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

松下 由樹

hair salon Travis所属 生年月日:1987年11月11日<千葉県東金市出身> 18歳で上京後、大手サロンに勤務。都内2店舗を経て、hair salon Travisのオープニングスタッフとして参加。トラヴィスメディアマネージャー。 オリジナルドライカットで、女性の艶髪・美髪づくりをサポートします。 得意なスタイルは「オトナ女性に似合うボブ、ショートヘア」