髪をすく・すかないについて論じてみた。

こんにちは。

 

ヘアサロントラヴィス店長、

松下です。

 

 

さて今日は、

お客様からの悩み・ご相談で多い

「髪を梳(す)く」

という技術について、解説していきたいと思います。

 

 

なかなか、誤解を招きやすいワード

「髪をすく」

 

・軽いスタイルが好きだから、すいてもらった。

結果→あれ、なんか違う…。

・広がるから、すいてもらった。

結果→もっと広がった…。

 

もしかして、すかないほうがいいの?

というか、髪ってすくとどうなるの?

 

 

 

そんな色々な疑問に、松下がお答えます。

では、さっそく説明していきましょう。

 

 

そもそも髪を梳(す)くってどういうこと?

 

これは以前アメブロでも書きました。

 

なのでコチラを見ていただけると分かりやすいと思います。

 

 

「すく」というのは、

セニング(すきばさみ)で

髪の量を取る技術です。

 

毛束を間引いて(短い毛を作って)減らします。

 

そう、こんな道具を使います。

 

 

 

 

あ、ちなみに誤解を招きやすいのですが

セニングで形(フォルム)を作ることは出来ません。

どういうことか?

 

たとえば…

 

 

こんな感じで、

「えりあしを、キュッと引き締めたい場合」

ショートヘアの方、そんな時ありますよね?

 

めっちゃくちゃ、

いやもうなんならガッシガシ、

すいたとしましょう。

 

ですが絶対に、

「キュっと引き締まったえりあし」

になることは、ありません。

 

 

 

他にも同じく、この髪型のように…

 

 

 

顔まわりに軽さのある、

「レイヤースタイル」

こちらも、いくら梳(す)いても出来上がりません。

 

 

こういう髪型にするには、

「すく・すかない」の問題ではなく、

しっかりとしたフォルムづくりが重要なわけです。

 

髪は全く梳(す)かないとどうなる?

 

そもそも髪は、なぜすく必要があるのでしょうか?

そのあたりを説明しましょう。

 

まず基本的なヘアカットの工程だと、

濡れている状態でおおまかなカタチを作ります。

ベースカットと言います)

 

 

そのあと、乾かします。

で、乾かした後どうするか?

 

セニングで量を減らします。

 

なぜ?

 

それは、

なんかモッサリするから

です。

 

 

とくにショートヘアなど

短くなればなるほど、

骨格の影響を受けるため超モッサリします。

 

それを解消する為に、すきばさみでぼかすんですよね。

 

つまり、全くすかないとどうなるか?

 

そう、

モッサリ

するんです。

(しつこい。笑)

 

 

「毛先の厚みをセニングでホニャララ…」

とか、

「骨格調整の為にセニングをホニャララ…」

など、

セニングの使い方論は多々あると思います。

 

が!

 

基本的には

モッサリ解消です。

 

 

髪を全く梳かないで切ることは出来る?

 

このセニング(スキバサミ)という道具が、

髪質的に合わない方もいらっしゃいます。

(髪が広がりやすい、ハリコシがない、毛先が絡まりやすい方はとくに)

 

なので、

あんまり梳(す)いたりしないほうがよいです。

 

え?

 

髪を全くすかないでカットすることなんか出来るのかって?

 

ええ、出来ます。

 

すかないほうが髪にいいの?

 

「髪にいいのか」と言われると難しいのですが…

  • ツヤがほしい
  • 髪のパサつきが気になる
  • 毛先が絡まる

という方は、すかないほうがいいですね。

 

逆に、

  • ヘアスタイルに動きを出したい
  • 触ったときに軽さを感じたい

という方は、すいてもOKですよ。

 

求めるデザイン(ヘアスタイル)によって、

カット方法は変わってきます。

なので、美容師にしっかり相談するのが◎。

 

ただ個人的な考えとしては、

美髪づくりには梳(す)かないほうがいいですね。

 

 

 

 <まとめ>

 

以上、

髪をすく・すかないについて書いてみました。

 

誤解のないように言っておきますが、

髪を「すく」ことが悪いと言っているわけではないですよ。

 

僕が担当させていただいているお客様で

「量が多いのがストレスで仕方ない。

だから梳いてほしい。

とにかくスッキリしたい!」

 

もちろん、そんなオーダーもあります。

そんな時は「髪をすく」といった技術を使います。

 

お客様が、

そうしたほうが快適なヘアライフを

送れるのであれば当然ですよね。

 

 

今回のエントリーで、

皆さまにお伝えできればいいなと思うのが

髪をすく=ヘアスタイルを形成するではない

ということ。

 

もう一つが

目的、理想(例:髪を綺麗にしていきたい)

に合わせたカットをしたほうが良いですよ、

というこですね。

 

髪をすくことで、

ヘアスタイルにもたらす結果は

「量が減る」だけです。

 

形は変わりません。

(まぁボリュームの位置は下がりますけどね)

 

そして、

せっかく美容室でトリートメントして

自宅でのホームケアを頑張っていても、

ガンガン梳いたら絶対にパサパサします。

 

なのでカウンセリングの段階で色々と相談したり、確認が大事ですね。

 

お客様に、

「自分の伝え方が悪いのかな…?」

なんて思わせてしまわないように、日々勉強していきます。

それでは、素敵なヘアライフを。

 

 

管理者情報

ヘアサロントラヴィス所属/顧問美容師

生年月日:1987年11月11日
大手サロン入社後、2014年hair salon Travisオープニングスタッフとして参加。

髪を「すかない」「削がない」オリジナルカットで、素材を生かしたマテリアルビューティ(素材美)の追及。

社内ではメディアマネージャーとして、ブランド戦略・サロン運営をサポート。

得意なスタイル:ボブ 

好きなこと:カメラ 散歩 映画